「ひふみプラスの決算」見てみました。独断ですが、良い点と悪い点とについて。

更新日:
  • 人気ブログランキング
hifumi_banner

ひふみ投信、ひふみプラス投信が
11月に運用報告書を公開しました。



僕も投資している投信の一つですので、
気になる中身を一緒に確認していきましょう。



ひふみの当期パフォーマンス

僕はSBIの証券経由でひふみ「プラス」を
購入しています。


SBI証券は投信マイレージが
残高やカード所有の条件に応じて
年0.10〜0.24%つきますので
コスト面でも有利です。


もちろん、ひふみは直販投信ですから、
本当に長期投資する気があって、お得に保有したいなら、
長期保有割引のあるレオスキャピタルワークスから
直接購入するのが良いと思います。

この辺はひふみとひふみプラスの比較記事
詳しいので、よかったら参考にしてください。


僕ももうそろそろ直販がいいのかなぁ?
なんて考えています。

利益に課税されるのはもったいないので、
追加投資する分だけ直販から
というのもアリですね。



さて、当期は成績がよかったようで、
参考指標のTOPIX(配当込)が8.4%に対し、
ひふみ投信が16.5%
ひふみプラスが16.8%、
それぞれ上昇したようです。


ひふみプラス 第4期 パフォーマンス
2015-11-17 12.06.16

対TOPIXで+8%以上の超過リターンは
素直に素晴らしいと言いたいですね。


なお、ひふみとひふみプラスの騰落率に
0.3%の違いがありますが、
これは誤差の範囲です。

例年、これぐらいの差があるようで、
ひふみが良い年もあれば、
ひふみプラスが上まわる年もあります。

長期的にならせば、どちらも互角と
思われます。


まぁ、運用自体は
ファミリーファンドの方でやってますので、
当たり前といえば当たり前ですね。


ちなみに、「守りながら増やす」のスローガン通り
シャープレシオも高いようで、
リスクを抑えながらリターンを稼いだ
1年だったと言えるでしょう。


ただ、これを見て
「よっしゃ、ひふみに投資しよ!」
と即断しないほうがいいです。


アクティブファンドの成績は水物ですし、
そもそも、成績だけでファンドを
選ぶものではありませんしね。


WEBページや、目論見書をよくよく見て、
ご自身の投資ポリシーに合うかどうか吟味してから、
投資するようにしましょう。


(その前に、資産配分を決めるのが大事というのは、
もう何度も言っていますので耳タコかも知れませんが!)



ひふみファンドの「ここが不満」


相場の変化が起きた時、それが継続するものなのか一時的なものなのかを見定めて、素早く行動することです。


実は僕自身、ここはあまり賛同できません。

短期の売買、すなわちトレーディングは
どうしても個人の能力に依存してしまいます。

中には神がかり的なトレーダーもいて、
その事実を否定はしませんが、
そうした運用はそのキーパーソンが
居なくなった時点で終わってしまいます。

トレーディングにはもう一つ課題があって、
資産残高が大きくなると、
マーケットに与えるインパクトもそれだけ大きくなり、
ロスを小さく抑えることが難しくなります。


もちろん、そこまで資産残高が増えれば、
という仮定の話ではあるんですが、
ひふみならその可能性も高いような気がします。


ですので、もしひふみが何十年も続くファンドを目指すなら
時間をかけてでも、こうしたトレーディング能力に
できるだけ依存しないような仕組みに
していく必要があると思います。


そうすると、だんだんと
TOPIXに似てくるかもしれませんが、
それはそれで良いのではないでしょうか。


ひふみはトレーディング命!ではなくて、
下がった時に狙っていた銘柄を仕込む、
という感じのようですので
まぁそこまで神経質になる必要はないかな?
…とも思いますけどね。


ではなぜ僕が、ひふみに投資しているかというと


  • 投資先に中堅企業が多く、「地味で地道な」インデックスに対する超過リターンを期待している
  • アクティブファンドの中では、比較的信託報酬が低い


という理由からです。


別にTOPIXインデックスでも構わなくて、
実際TOPIXにも投資していますが、
ここはちょっとした個人の趣味的な
意味合いもあります。^^


資産全体からみて小さい割合であれば、
こうした遊びの要素を入れるのも
良いのではと思っています。



あと、面白いと思ったのは



  • 40歳代の女性の増加が目立つ



という部分でした。


キャリアを積んだ40代女性が、
老後資産の準備のためにひふみに投資をしている…
という光景が目に浮かんできそうですね。



まとめ

今回の運用報告書では、
運用方針の変更や、大きな問題点は
確認できませんでした。


ということで、引き続き、
ひふみへの投資を続行したいと思います。



※ なお、以上はあくまで僕個人の考えですので
ひふみへの投資を推奨するものではありません。

投資はあくまでも、ご自身の判断でお願い致します。




ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,000名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント