終身保険の戻り率に要注意!見た目の返戻率と実際の損得は別世界です。

更新日:
  • 人気ブログランキング

カタログショッピングって、
面白いですよね。


昨日、パラパラとカタログをめくってたら、
「人型寝袋」なるものを見つけまして。


自由に動き回れて、寝袋レベルで暖かい!

しかも

「うっかり寝てしまっても大丈夫!」

というコピーにオオウケしてしまいました(笑)


保険の定番商品「終身生命保険」

冒頭の「人型寝袋」。


京都の冬は本当に寒いので、
思わずFAXしそうになりましたが、


見た目が「ドラえもん」みたいになるので、
どうしようかちょっと悩んでます。


話は変わりますが、
保険にも、カタログにのるような
「定番商品」。
ありますよね。


保険の定番商品の一つといえば、
終身生命保険ですね。


保険料を払い込んだ後は、
払込保険料総額よりも多く
お金が返ってくることもあり、
預貯金の代わりとしても
根強い人気がある保険商品です。


ですが、実際の損得の話はまた別で、
しかも預貯金以上にリスクが高い部分もあるので
注意が必要なのです。


見た目では沢山もらえるのに…!?

例えば払込期間30年、契約年齢30歳で
返戻率が110%前後の終身保険が多いようです。


「お金が10%増えて戻ってくる!」


と思いがちですが、それはあくまでも「名目」のお話。
実質を計算すれば、また違った結果になるのです。


シミュレーションでみてみましょう。


まずは、名目値を確認します。


終身保険の返戻金(名目)
2015-10-28 10.15.39

一般的に、途中の返戻率が低く、払込期間終了前後から
ようやく払込保険料総額を超えてきます。


でも、


「まぁ30年待てば保険料総額よりも多くなるから、それでいいじゃないか。」


と思いますよね。


ではここで、インフレ率1%の世界を見てみましょう。


物価が毎年1%上昇するという仮定で、
保険料総額と返戻金の「現在価値」を計算します。

物価が変動する場合、お金の価値は毎年変化していきます。
変化したもの同士を比較できないので、現在の価値という
共通のモノサシで比較するのが「現在価値」です。


インフレ率1%時の終身保険の返戻率(現在価値)
2015-10-28 10.16.04

このグラフの見方は、例えば10年後の
払込保険料総額と返戻率の数値は、
10年後の価値を現在価値に計算しなおした額で
表示してあります。

以下、全ての時点で同様に現在価値になおしています。


よくみると…あれれ?
なんだか怪しくなってきましたね。


インフレ率1%では、返戻金は
保険料総額を下回ってしまうようです。


名目では+10%ですが、インフレ率1%下では
実質(現在価値)で−5%になります。


では、
日銀が目標としているインフレ率2%の世界では
どうなるのでしょうか。



インフレ率2%時の終身保険の返戻率(現在価値)
2015-10-28 10.16.28

残念ながら、解約金は保険料総額を
大幅に下回ってしまいました。



30年後の返戻率は実質(現在価値)で
−19%になります。



見た目の数字は払った額より沢山帰ってきているのに、
実際の購買力はこのように「目減り」してしまうのです。


なぜこのようなことが起きるのか?
なにか計算違いではないか???


いえ。


残念ながら、
これが正しいのです。


答えは「タイミング」にあります。


保険料を支払うタイミングは
受け取るタイミングよりも「前」ですよね。


つまり、現在価値が大きい保険料を、
現在価値が小さくなった後で返戻金として受けとるので、
こうした逆転現象が起きるのです。


見た目は儲かっているのに、
実際には損をしている……


大いに、気をつけなければいけません。


「葬式代の足しに…」という理由で
終身保険を契約される方も多いですが、
老後の葬式代なら預貯金で準備して下さい。



「私はインフレに負けます」と早々に宣言するのと同じ

カンの良い方は上のグラフを見て
気づいたと思いますが、
納付満期になるまで、解約返戻金が
非常に少なくなっています。


「終身保険なんだから、仕方ないよね…」


と思われるかもしれませんが、
それが大きな落とし穴になっているのです。


例えば、終身保険を契約した時点では
デフレで、インフレリスクなんて
想像もしていなかったとしましょう。


実際、数年前までは
まだまだデフレ経済が続くという考えが
支配的でした。


しかし安倍政権となり、インフレ目標2%を達成するために
日銀は世界中が驚くような金融緩和政策をとります。

突然、デフレからインフレに舵を切り始めたわけです。


30年以上の契約となると、このように
途中で何が起こるかわからないわけですね。


ですが、今後のインフレに備えたくても、
解約返戻金が少なすぎるために、
泣く泣くそのまま放置してしまう…。


こういう状況を「流動性リスク」といいます。


流動性リスクとは、売りたいけど売れない、
もしくは非常に安い値段でしか売れない
ことを言います。


終身保険は流動性リスクが高いため、
いわば契約時点から


「私は今後、インフレになったら負けます」


と早々に宣言してしまっているのと
同じ状態になってしまうのです。


誤解されないように付け加えておくと、
僕はなにも「今後インフレになる」と
断言しているわけではありません。


もしインフレになったとしても身動きがとれない、
というのが流動性リスクの正体なのです。


これが、預貯金にはない大きなリスクです。


実際、相談者の方も、
契約「後」に「どうすればいいか?」
と悩まれることが多いようです。



ちなみにですが、
もし今後数十年、(幸いに?)インフレにならず
インフレ率0%で推移したとしましょう。


その場合は名目上の+10%が、
実質上の利益となりますが
これも30年でならしてしまうと
複利年利でたった 0.32% に過ぎません。


これならまだ、例えば国債を持っておくほうが
流動性リスクも少なく、保険よりも信用リスクが小さくて
いいというものです。





もちろん、予想外に早く死亡してしまった場合の
保障はついていますので、その部分に価値はあるのですが、
だったらこんな余計なリスクを負わずに、シンプルに
定期保険か逓減定期保険を契約するのが経済合理的でしょう。



終身生命保険にはこのように、
多数の見えにくいリスクがありますので
慎重に検討するべき商品なのです。


保険はあくまでも、保障を得るためのコストか、
あるいは節税対策としての利用価値は多少、あります。


節税対策と見る場合は、保険以外にも
相続全体で考える必要があるでしょう。


いずれにせよ、
資産運用と保険は、
必ず別々に考えるべきものです。


カタログ通販みたいに、
気楽に「ポチ」っとしたら、
ダメですよ ><



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,300名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント