クレカを無くした!?クレジットカード利用停止の後に、忘れてはいけないこと。

更新日:
  • 人気ブログランキング

「え!?もしかして、クレジットカードが無いかも…」

こんな経験、ありませんか?


僕も少し前の話になるんですが、
クレジットカードを無くしてしまったことがあるんです。
(実は後日、別のところから見つかりましたが)

その時の経験から、
クレカをなくした時の対処と
事前の対策についてメモしておきます。


「クレカを無くした!」と思ったら…


最低限、やるべきことを書いておきます。

クレジットカード会社へ利用停止手続きを申し込む


はい。
これは簡単だと思います。

無くしたり、盗難された可能性がある場合は、
速やかに利用停止手続きを行うということですね。

でも、実際にやってみるとちょっとハマります。

というのも、紛失後は
「カードの番号や、問い合わせ先が分からない」
可能性があるからです。

カード番号や問い合わせ先の電話番号というのは
カードに書かれています。でも、そのカードが
手元にないんですよね…。

ということで、もし紛失してしまったときのために
必ずカード番号や電話番号をどこかに控えておきましょう。

備えあれば憂いなし、
です。

なお一旦利用停止が完了すると、
その時点から二度と利用再開はできませんので
慎重に…。


利用停止と、解約とでは意味が異なります

利用停止処置が済めば、まずは一安心ですが
実はそのまま放置してはいけません。


「利用停止」と「解約」は別物で、
利用停止しても、契約の事実は残るので
年会費は徴収されてしまうのです。

そのため、年会費がかかるのに
あまり利用しないカードであれば
利用停止とともに解約手続きも
とる必要があります。


利用停止したら自動で解約してくれたらいいじゃないか、
と思われるかもしれませんが、ユーザーにとってみても
必ずしも利用停止=解約、が望ましいわけではないのです。


その理由は、
その後再発行するか、本当に解約してしまうかを
ユーザーが選べるようにするためです。


再発行なんて、必要ないのでは?

今回、再発行するなら再発行手数料として
1,620円かかることがわかりました。

これが安いか高いかは人によって捉え方が違うと思いますが、
新規申し込み無料、年会費無料のカードが増えていますので、
高いと感じる方は多いと思います。


新規発行のときは無料でホイホイくれるのに、
無くしたときは冷たいなぁ…
って感じるかもしれません。


建前からいえば、クレジットカードの契約では
所有権はあくまでも発行会社にあり、
ユーザーは利用を許諾されているだけです。

そのため、紛失した場合は発行会社のモノを無くしたことになり、
それ対してお金を支払うという図式になります。
ただし再発行しなければ、手数料はかかりません。


解約した場合も同様で、
使っていたカードは発行会社へ
(ハサミを入れて)返却しますね。


なんだか分かったようなわからないような…
契約というのは、ムズカシイものですね。


まぁ、ビジネス上の狙いとしては、
ホイホイ無くされても困るので、
手数料という形でユーザーにきちんと管理するよう
努力してもらう、というところでしょうか。


さて、再発行には


  • よく使うカードや、愛着があるカードを手放したくない場合

  • 審査等の都合で、これ以上カードが作れない場合


にメリットがあります。


特に、主婦・主夫で配偶者にしか収入がない場合、
カードの審査がおりずに新規発行できないことも
ありえます。

そうなると、既に手元にあるカードは貴重で、
多少手数料を払っても再発行する価値がある、
ということもいえます。


このへんは個人の状況によって千差万別ですので、
個々に判断するしかなさそうですね。


僕は…、業務利用にしようと思っているので、
とりあえず今回は別ブランドの新規発行にトライしました。



クレカにもしものときのための、普段の備え


今回の教訓を元に、クレカを使うなら、
普段から、以下のことに気をつけておくべきだと思いました。

クレカの情報を控えておく


カードを紛失すると、クレカの大事な情報
(カード番号、連絡先等)も
一緒になくなってしまう可能性があるため
それらの情報をきちんと控えておく事が大事です。

僕は、クレカの台紙も含めて
届いた時の情報は電子化(と暗号化)して
手元に残してあります。

ですので、今回は事なきを得ました。

カードの台紙なんて要らないや、
ポイ!

ってやってるといざという時に
困ってしまうかもしれませんよ。


そもそもクレカの枚数を減らす


僕は個人事業で事業用とプライベートで
それぞれ別のクレカを利用しています。

なので、減らせといってもなかなかこれが減らなくて
偉そうなことが言えません(汗)

でも、減らせるならできるだけ
減らした方がいいと思います。


いろんなクレカでマイルやポイントを
集めている人も多いようですが、
紛失や盗難リスクと隣合わせですから
多少のポイント目的のために
クレカを増やすのも考えものですね…。


クレカを無くした時の対処まとめ


普段は便利なクレカですが、
いざ無くしたとなると手続きも面倒ですし、
ちょっと不安ですよね。

またクレカはお金を使っている感覚が薄いので
いくらポイントが溜まると言っても
浪費癖がある人は使わないほうがいいです。


それでもポイントを貯めたいというのであれば
固定費や交通費だけに使うようにすればいいですね。

ちょっと古い記事ですが
こちらに詳しく書いていますので
よかったら参考にしてください。


初心者でもできる資産形成に役立つクレジットカード活用法まとめ。節約は資産形成の王道です。






ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,300名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント