スマートワオンの注意点。6月から始まったイオンの共通ポイント、WAON POINTの注意と活用法。

更新日:
  • 人気ブログランキング
ScreenShot

WAONの共通ポイント化について4月に書いた記事
6月からWAONの共通ポイントが始まるけど、面倒くさがりやさんが知っておくべき、ポイント活用法。
の続編。

6月に入り、実際にWAON POINTが始まりましたが、
その活用法と注意点をまとめてみました。


WAONの共通ポイント、WAON POINTとは?その貯め方と使い方

前回の記事でも書きましたが、ポイントの共通化(WAON POINT化)により、
Tポイントやポンタポイントなどと同じような扱いになります。

従来のWAONのポイントとどう変わるかというと、


  • 提携できる企業やショップが増える

  • 現金購入でポイントがためられる


というメリットがあります。
そのため、従来の電子マネー払いによるポイントゲットに加えて、
新たに現金購入時のポイントカードが導入されました。


ScreenShot これが、「WAON POINTカード」と呼ぶもので
貯まるのは、共通ポイントである WAON POINT。


ややこしいですが、例えばTポイントカードとか、
PontaポイントカードのWAON POINT版と考えれば
分かりやすいでしょう。

そして、WAON POINTをゲットするためには、
「基本的には」会員登録が必要となりました。


ここまでは、大丈夫だと思います。


しかしWAON POINTがややこしいのはここからで、
従来の電子マネー払いのWAONカードのポイントとの整合性からか、
会員登録「なし」でのポイントもあります。

(WAON POINTと区別するために、これを
「電子マネーWAONポイント」と呼んでいるみたいです。
表記もPOINTではなくポイントとしてあり、微妙に変えています。
…そんな微妙な違い、わかるかい!(苦笑))


これは従来電子マネーとしてWAONを利用した場合に
付加していたポイントで、これが無くなると
何も知らない既存ユーザーが混乱するので、
会員登録なしでも付くポイントというのを
残しているようなのです。



ただ、イオン側としては会員登録してWAON POINTで
一元管理したいと考えるのは当たり前です。

そこで、会員登録してゲットできるポイントを
smart WAON(スマートワオン)」と命名して、
会員登録キャンペーンをしていますね。

会員登録すると、従来のWAONカードの電子マネー利用で、
共通WAON POINTが付くようになります。


ユーザーからすれば

「もう、ややこしいのは勘弁。とにかくお得なのはどれ?」

といいたくなりますが(苦笑)、
今回のsmart WAONに会員登録すると
WAON POINT加盟店で、電子マネーWAONで
支払った月間累計利用額に対し、
500円で1 WAON POINTが加算される
サービスが付加されます。


電子マネーのみのWAONカードでもこのポイントが付きますから、
WAON POINTの還元率が0.5%から0.7%に
アップすることになるんです。



ま、それじゃ損はしないし、
とりあえず smart WAON会員になっておけば
お得ですよね、というのが一つの結論です。


(まぁ、イオンとしてはそういう結論に誘導したい、
というのがあるのでしょうけど^^)


smart WAON(スマートワオン)会員登録と注意点


上の話の結論から、smart WAON会員に登録すべし、となるわけですが
smart WAON会員に登録する手順と注意点をまとめておきます。

会員登録の手順


スマートワオンのサイトにアクセスし、
サイトの右上にある「ログイン/新規登録」をクリックします。

以下の画面になるので、「新規会員登録される方はこちら」
というボタンから手続きを開始します。

ScreenShot 16
あとは画面の指示にしたがって…となりますが、
イオンカード所有者の場合はちょっと注意です。

イオンカード所有者の会員登録は、smart WAONウェブIDで!

ちなみに、イオンカード所有者は
自動的にsmart WAON会員登録されるのかなとおもいきや、
実際にやってみたら、
(なぜか)WAON POINTとのひも付けのための
個人情報を入力させられました。

イオンカード(セレクト)の会員も、
結局、事実上smart WAON登録しないと
いけないみたいです。

面倒くさいなぁ…(苦笑)


ということで、こちらも会員登録が必要なんですが、
イオンカード(セレクト)問題は登録方法に
2パターンある、ということ。


一つは、もともと持っているAEON SQUARE IDとのひも付け、
(上記のパターンですね)
もう一つは、新たに smart WAONウェブIDを
取得する方法です。

どちらも登録が可能なんですが、注意点は

  • いずれかで登録すると、以後変更できない
  • smart WAONウェブIDでできて、AEON SQUARE IDではできないことがある

ということ。

なので、どちらでもいいなら
「smart WAONウェブID」で登録することを
お勧めします。



smart WAONの注意点は、個人情報?

smart WAON登録する場合に
一つだけ注意してほしいのが
「個人情報」です。


今まで匿名の電子マネーWAONカードを使って、
電子マネーだけで買い物していた方は、
店(イオン)側は誰がどの買い物を
したのか分かりません。

しかし、これがsmart WAON会員となって一旦
電子マネーWAONカードと個人情報が紐づくと、
誰がどの買い物をしたのかを、
全て把握できることになります。


イオンカード会員の場合は、既にこの状態でしたので
まぁ新たに問題が出るわけではないでしょうけど、
いままで個人情報云々で匿名の電子マネーWAONを使っていた方は、
注意が必要ですね。

どうしても買い物履歴を渡したくない場合は
smart WAON会員登録しないほうが無難でしょう。



他にもある!WAON POINT活用法

WAON POINTでは、従来のポイントには無かった
活用法とか、ためかたがあるようです。


複数のカードのポイントをまとめられる


さすがに共通ポイントというだけあって、
複数カードのポイントがまとめられるようになりました!

例えば僕の場合、イオンカードとイオンカードセレクトを
1枚ずつもっていますが、いままでは別々のポイントになっていて
この上なく使いづらかったです。

これが共通ポイントとして一元化できれば、
非常にありがたいし、使いやすくなります!


これが共通ポイントの、
一番大きなメリットの一つですね。


で早速、使おうと思って試してみたところ
「サービス改善のためシステム改修中、再開予定は6月末」
とのことで、今はまだムリみたいです。

はやく使えるようになって欲しいです…。



家族のポイントをまとめる


もうひとつ、家族とシェアできる機能が
新たに始まったようです。

こちらはうれしいですね。

ポイントはチリツモとはいえ、
なかなか大きく貯まるものはありませんし、
いちいちWAONに交換するのも面倒。

であれば、家族のポイントを一元化して、
一気に使うのが便利でいいかなと思います。


友達にあげる、もらう


スマホのsmart WAONアプリを使えば、
WAON POINTを友達にあげたり、
もらったりできるようです。

まぁ、ポイントですので、現金を渡すよりは
確かにあげやすい(もらいやすい)ですかね。

なんでスマホアプリなんかな?
と思ったんですが、イオンモールとか
出先で活用して欲しいような感じです。

でも、そこまで活用するのかなぁ?
イオンモール側にも、一工夫必要でしょうね…。


歩いて貯める?


Reno Bodyという、歩数を計測するスマホアプリと連携すると、
8,000歩で1WAON POINTもらえるようです。

なかなか微妙なレート(笑)ですが、
もともとこのアプリを使っている方は
タダでもらえるので、もらっておいて
損はないかな?と思います。



【まとめ】結局どのWAONカードを、どう活用すればいいの?

今回新たに現金購入でWAON POINTが
たまるカードが追加されたことで、
ちょっとややこしくなったのでまとめておきます。


  • WAON POINTカード
ScreenShot 1 現金でWAON POINTがたまるカード。
smart WAON会員登録が必要になります。

【会員登録】 必要
【付与レート】 200円で 1 WAON POINT。

  • 電子マネーWAONカード
ScreenShot 2 従来の、一番オーソドックスな電子マネーWAONカード。
会員登録なしで電子マネーWAONポイントが付くのに加え、
会員登録すればWAON POINTが付くようになるカードです。

【会員登録】 したら
【付与レート】 200円で 1 WAON POINT+500円で 1 WAON POINT。

【会員登録】 しなければ
【付与レート】 200円で 1 電子マネーWAONポイント
会員登録しないメリットは、個人の買い物履歴がばれないこと。


  • イオンカード(クレジット)
ScreenShot 3 こちらの電子マネーは会員に自動登録されます。
(そもそもクレジットカードへの審査で、個人情報は渡してるから…)

電子マネーWAONカードの会員登録時のポイントと同様に付き、
さらにクレジット払いでは200ときめきポイント、現金等での
支払でも200円1WAON POINTが付きます。

【会員登録】自動
【付与レート】

  • クレジット 200円で 1 ときめきポイント
  • 電子マネーWAON 200円で 1 WAON POINT+500円で 1 WAON POINT。
  • 現金等 200円で 1 WAON POINT



一番汎用性が高いのがイオンカードですので、
どうせ会員登録までするなら、イオンカードで
いいでしょうね。

個人情報が気になるなら、会員登録せずに、
電子マネーWAONカードと使い分ければ
いいと思います。


過去記事

公式:イオンカードセレクト




ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,000名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメント1件

  1. 吉川 博之 より:

    宜しくお願いします

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント