将来の不安は、最も低コストな商品で備えるのが原則です。

更新日:
  • 人気ブログランキング

やはり保険で悩まれている方が多いようです。

先日は外貨建て保険のお話をしましたが、
今日は医療保険などのお話をしてみたいと思います。


保険云々の前に、リスクに備えるとはどういうことか


まず保険ありきで考えるからややこしくなるのですが、
その前に、なぜ保険を検討しているのかについて
考えてみることにしましょう。

保険を考えるということは、
将来なにかヤバイことが起きた時に備えたい、
ということなんですよね。

ここでいうヤバイことというのは
一家の大黒柱が不幸にも若くして亡くなるとか、
思わぬ怪我や病気で長期入院だとか
そういうことだと思います。

ただそのヤバイことというのは、
必ず起きるわけではありません。

ここが曲者で、
こういう起きるか起きないか分からないことを
「リスク」と言います。

起きなければ大丈夫なんだけど、
いざ起きたら困ってしまうから
それに備えよう。


その備えとしての対策の一つが
保険なんだと思います。


改めて言いますが、保険は「コスト」です


大事なことですので何度も言いますが、
保険というのは必ず「コスト」になります。

保険をかけるということは、
本来あなたが被るべき特定の(金銭的)リスクを
保険会社があなたの代わりに請け負う
ということです。

リスクを請け負うわけですから、
相応の費用を頂かないといけません。

だから保険はコストになるんです。

多少の変化球はあったとしても、
この原則は揺るぎません。

保険を理解する上で
非常に大切なポイントですので
絶対に覚えておいてください。

前回の外貨建て保険もそうですが、
複雑な仕組みの保険ほど、
契約者からコストが見えにくくなりますので
気をつけてくださいね。



さて、保険がコストとはどういうことか。


医療保険などでは、入院時の給付金等がありますが、
平均的に言えば
給付金総額が保険料総額を
超えることはありません。



つまり、平均的には損をするということです。


これだと、保険の価値は
全く無いように思えますよね。


もう少し、おつきあいください。


保険が有利になる「コスパの逆転」現象とは?


保険が平均的に損をする商品なら、
一体なんのメリットがあるのでしょうか。


万一のときに必要となるお金が、
預貯金では到底賄えないような場合について
考えてみましょう。

例えば生活費として足りない分を
無担保ローン等で準備するのは、
必ずしも良い計画とはいえませんよね。

そもそも、一家の収入の柱が途絶えた状態で
そうしたローンが組めるかどうかすら、
怪しい話です。


つまり、こうした場合においては
預貯金のみで備えようとすると
逆にコストが高く付くわけです。


ですから、万一の時に必要なお金が
預貯金を遥かに超えて高コストになってしまうのであれば、
一見損する生命保険を敢えて活用するのが
実は「低コスト」となります。


これを例えば「コスパの逆転」と呼びましょう。


コスパの逆転が確実に見えているリスクなのであれば
保険を契約するのは良いリスクヘッジの手段であると言えます。


医療保険でコスパの逆転が起きるか?


では一般的な医療保険を考えてみましょう。
果たしてコスパの逆転は起きるのでしょうか。


入院日額5000円で、
60日までを保障する医療保険の場合、
入院費として30万円が上限です。

手術代等の給付もあったとして、
トータル50万円の給付があったとしましょう。


確かにこれだけの給付があれば
助かるとは思います。

でもコスパの逆転が起きるか?
というと一般的にはそんな金額では無いはずです。


では日額や保障期間を長くすれば、
給付額も増えるのでいいのか?

というとその場合は保険料も比例して増えてしまうので
それまたコスパが悪いと言えます。


保険給付がいくら出るかというよりも、
預貯金を超えて実際にいくらかかるのか?
がポイントですので闇雲に給付額を増やしても
むしろコスパが悪くなるだけです。

何度も言いますが、
平均的には損するのが
保険ですので。


であれば、
しっかりと預貯金を蓄えている人であれば
医療保険は不要というのが
一般的な結論になります。


医療保険はコスパの逆転が起きにくい商品ですから、
たくさんかけるような商品ではありません。

預貯金が少ない新社会人等が
ごく短期間だけ使う、
というのが合理的でしょう。


特に老後の医療を心配されるのであれば
しっかりと預貯金を積み上げていくのが
何よりコスパのいい「保険」になりますから
しっかりと貯蓄していきましょう。


保険による新たな「リスク」とは?


コスパの逆転が起きる場合に
保険は有利になる、というお話をしました。


保険に関してもう一つ考えておくべきなのは
保険料で払ってしまうと、
お金の汎用性が失われるというデメリットです。


終身(死亡)保障のようなものは考え方が異なりますが
(人はいつか必ず死にますので)
医療保険のような場合、給付条件が
入院等、契約の条件に絞られてしまいます。


もちろん、条件さえ満たせば
支払保険料が少なくとも給付が出る、
というのが保険の特長なわけですが
逆に条件が満たされなければ
1円もでないわけです。


これが預貯金であれば、
どんな条件でも、何にでも使えます。


例えば幸いにしてあなた自身は健康で、
自分の医療費は全然かからなかったけど、
他の家族は入院してしまった、とか。

あるいは医療費に限らず、
実は子供が留学することになって
資金が必要になったとか。


お金が必要になる場面というのは、
いくらでも想定できます。


でもその度に保険で備えようとすると
保険料ばかりがかさみ、肝心の
生活費がまかなえなくなったりします。


それって、完全に本末転倒ですよね。


しっかりとした生活基盤があって、
その上で、リスクに対処するのが原則です。


リスクばかり心配するあまり、
普段の生活基盤が揺らぐようなことが
あってはいけません。


ですので、死亡保障のような
コスパの逆転が起きやすい備え以外は、
基本的にご自身の預貯金で対応できるよう
考えていくことをお勧めします。


また保険を契約するに際しても、
できるだけ低コストに保障が得られないか、
よく比較検討することが大事です。

所属しているお勤め先の団体保険や
地域共済など、低コストな保険は
探せば身近にあるはずです。


こうしたことも、
派手な宣伝に惑わされず、イメージだけで判断しない、
という前回のメッセージに通じる部分ですね。


是非覚えておいて頂き、
保険というものをあなたの人生に
上手に活用できるようになってください。



前回の記事


FXはやらないのに、なんで外貨建て保険は契約するんですか?



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,800名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント