都市ガス小売りの自由化が始まるのに向けて少し調べてみました。

更新日:
  • 人気ブログランキング

2016年の4月から電力小売の自由化が始まりましたが、
今年(2017年)の4月からは、都市ガス小売の自由化が始まります。

発想としては電力自由化と同じ感じなのですが、
少し調べてみました。


都市ガス小売の自由化


僕はエネルギー関連の専門家ではないので、
全く詳しくはないのですが、ガス料金が下げられる可能性がある
ということで今回調べてみることにしました。

電力自由化のときもそうでしたが、
自由化されると料金が下がる可能性がある反面、
割引などのプラン数が増えてややこしくなります。

自由化というのは自己責任の世界ですから、
そうしたヤヤコシイプランをいろいろ調べて
自分にフィットするものを選択しなければ
恩恵にあずかれません。

当然ガスも同じ話なんですが、
電力のときよりも一層ヤヤコシクなっている気がします。

ちなみに今回の自由かは
「都市」ガスの「小売」の自由化だそうです。

ガス管を通って来ているガスの
販売の自由化、ということですね。


電力とセット割引が多い?


電力比較のときに僕がよく利用していたサイトが
エネチェンジです。

エネチェンジ

エネチェンジはものすごくよく出来たサイトだとは思うのですが、
ガス料金の比較にあたっては、今のところ
電気とガスのセットプランの比較しかできないようです。

個人的には電気とガスを別々に契約したいと思っていたので、
これだとちょっと使いにくいですね…

多分、これからいろんなプランが出て来ることが予想されるので
まだ今から行動するのは早いみたいです。


エネチェンジのサイトでも、今すぐ契約!というよりは
メルマガに登録して勉強してね、という方針のようです。


ただ、上で書いたようにこれからはガスも自己責任ですから
勉強と情報収集はしておいたほうがいいでしょうね。

上記エネチェンジのサイトにも、
ガス自由化のコンテンツが豊富にありますので
読めば結構勉強になります。


既存のガス割引プラン


大手都市ガスには既にいくつかの割引プランがあります。
 
大手都市ガス2社の割引プラン
大阪ガスの割引プラン 東京ガスの割引プラン
GAS得プラン エコジョーズ料金 GAS得プラン 床暖料金 GAS得プラン マイホーム発電料金 湯ったりエコぷらん 暖らんぷらん エネファームで発電エコぷらん
ガスコンロ2口以上
エコジョーズ
ガス温水床暖房
ガス温水浴室暖房乾燥機
ガス温水浴室暖房乾燥機(ミスト付き)
エネファーム
割引 通年 約5%割引 冬期 約7%割引 冬期 約11%割引 通年 3%割安 冬期 約5%割安 冬期 約18%割安
(エネチェンジの情報を元に作成)
※ 割引率はガス使用量によって変わります。


こうしたプランは特定機器の利用が前提になっているため、
新しいガス会社に変更したい場合、
それらが引き続き使えるかどうかも
調べる必要があるみたいです。


既にこうした割引プランを利用している場合は、
新しい会社に変更しづらいかもしれませんね。


都市ガス自由化はどう考えるべきか?


いくつかのポイントがあると思います。


電力よりガス料金が少ないなら、まず電力の割引を検討しよう


ライフスタイルや導入機器によると思いますが、
電力、ガスを利用の一般的な家庭の場合、
ガス料金より電力料金の方が高いのではないでしょうか。

となると、ガスよりもまず先に電力を見直す方が
効果的だと考えられます。


電力自由化と、僕の導入事例については
こちらの関連記事をご覧ください。



機器の更新タイミングに合わせてみては?


上で見たとおり、ガスの割引は導入機器に依存する場合があります。
となると、現状の設備を次に更新するタイミングで、
都市ガスの契約先も見直せばいいのではないでしょうか。

それがどれぐらい先かは個々の事情によると思いますが、
ガスの使用料金がそれほど大きくないなら、
焦って見直す必要もないでしょう。

時間が経てば、より魅力的なプランが
現れる可能性も高くなります。


例えば僕個人的には、浴室暖房を検討したいですが
(京都の冬は本当に寒い!)
機器の更新自体はまだ先の話なので、
具体的には更新時期を待つことになります。


別に、ガスを今年見直さないといけない、
というわけでもないので、あなた自身の
事情とペースに合わせればそれでいいと思います。


機器更新や修繕リフォームに向けて
お金の準備をしていると思いますので
(してますよね…?)
この機器更新のタイミングに合わせるというのが、
一番いいような気がします。



都市ガス自由化 まとめ


大手電力会社やガス会社は既に動き始めていますが、
それでもまだまだこれから、という感じがします。

電力自由化のときと同様、自由化後に
いろいろなプランが出て来る可能性も
高いと思います。


ちょっとしまらない結論になってしまいますが、(苦笑
ある程度のアンテナをはって情報収集しながら、
うまくフィットするプランが出てくれば
契約を検討するのがいいのではないでしょか。



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

2,000名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

「節約しながら投資」が常識。管理人の鉄板節約法↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
.
管理人が使っている証券会社
プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント