ロボアドバイザーが世界を変えるなら、既に変わっているはずですよ。

更新日:
  • 人気ブログランキング

先日、日経に
ロボット運用、日本で起動 世界最大手など20社が参入へ
という記事がありました。


ロボアドバイザーという言葉が近年急速に広まっていますが、
果たしてそれは使えるものなんでしょうか?



自動売買のワナ

話はいきなりロボアドバイザーから逸れますが、
ずいぶん以前に、僕は「自動売買」の
研究をしていたことがあります。


ここでいう自動売買とは、逆指値注文のように
単純なものではなくて、コンピュータに
リアルタイムに価格情報をダウンロードさせ、
その情報から「自動的に」売買注文を
発注させるようなトレード手法のことでです。

この仕組は株式でもFXでも、何にでも応用できます。

また、マイナーな話でもなんでもなくて、
世界的に有名な「トレードステーション」という
自動売買のプラットフォームもありますし、
日本でもちょっと前に「株ロボコンテスト」というのが
あったのはもしかしたらご存知かもしれません。


この自動売買の面白い特徴の一つに、
「過去のデータから、そのロジックが
上手くいくかどうかをシミュレーションして検証できる」

というのがあります。

ロジックとは、コンピュータに自動売買させるための
アルゴリズム(プログラム)のことで、
ここの巧拙で自動売買の成績が大きく変わってきます。

過去の、それこそ10年とか20年の
1日単位や、分単位という莫大なデータを元に
いろいろとロジックを検証してくと、
ロジックの良し悪しが実際の取引をしなくても
事前に分かるんですね。


そういう自動売買の検証を、個人的に
様々なロジックで何万回も実施したことがありますが
株もFXもいろいろと研究していくうちに結局分かったのは
どんなに凝ったロジックをもってしても、
長期的にマーケットを出し抜くことは至難の業だ

ということです。


個人的に、短期的には可能な場合もあるけど、
長期的には「不可能」だと思っています。


さて、ロボアドバイザーに話を戻しますが、
ロボたちは、どれぐらい「凝った」ロジックで
あなたの資産を「最適化」などという
恐れ多いことをするんでしょうか?


もちろん、ここで言うロボは、
自動売買でいうような頻繁なトレードを
するわけではありません。

大抵のロボはいくつかの質問をベースに
最適な「資産配分」を提案し、それを元に
必要あらば運用まで行うという設定になっていますが、
広い意味でとらえればこれもアルゴリズムによる
投資意志決定ということで、上の自動売買と同じ側面があります。



ロボアドバイザーを否定はしませんが、救世主でもありません。

別に僕は、ロボアドバイザーをやめておけ、
といいたいのではありません。

ただ、ロボにすれば問題が解決するよね、
と思ってやるなら、それはかなり危険な発想です。


便利(そう)な道具はいままで、
たくさん現れました。

本当はあまり便利ではなくて既に消えてしまったり、
あるいはまだあるけど批判の的になっているものもあります。


  • 投資信託
  • ETF
  • バランスファンド
  • ファンドラップ
  • ロボアドバイザー


これらは便利だし、上手に使えば、
メリットもあります。
(ファンドラップは、微妙ですが…)

でも、どれも救世主だとは思わないでください。
「多少便利な道具」
ぐらいの認識でいいと思います。

よろしいでしょうか。
言葉に惑わされないようにしてください。


ツールだろうが、(ロボ、人)アドバイザーだろうが、
救世主は未来永劫、現れないと思います。
それが投資というものですから。


ロボだから、安価で正確な「答え」が
見つかるようなイメージですが、
投資をイメージで判断するのは
一番危険です。


これらの「道具」の投資先は、全て
「株式」「債権」「不動産(REIT)」「コモディティ」
等であり、投資「先」のパフォーマンスは、
どのツールを使ったとしても「変わりません」。

極端な言い方をすれば、いずれも
投資先の「割合」を決めているだけで、
それがどういうポリシーなのか?
どういうロジックなのか、という
ぐらいの話に過ぎないんです。


もちろん、その配分が重要だ、という意見には賛成です。

でもだからといって将来、確実に利益をもたらす
資産配分なんて「事前には」誰にも分かりません。


ロボだろうが、人間だろうが、それは同じ話であり
結局は「神」にしか分からないんです。

言い方を変えれば、道具はなんであれ、誰であれ
神をも恐れぬ「未来予測」なんて不可能だよね
という話なんです。


だから、「世界平均1点買い」という方法も、
立派に成立するんですよね。



「ロボなら任せられるから、安心なんだよ」


そうですか。

では、何かに任せきりたい、とおっしゃるなら、
世界平均でいいんじゃないですか。

それならもう、それ以上手の入れようがありませんから、
必然的に任せきりになりますよ。

なぜ、世界平均じゃ、ダメなんですか?

ダメだとして、なぜ、ロボアドバイザーなんでしょうか。


「ロボなら、世界平均よりはマシなパフォーマンスじゃないか?」


そうですか。

では、ロボアドバイザーがはじき出した資産配分で、
世界平均1点買いよりも損失が拡大した場合、
それでもあなたはロボアドバイザーを
信じ切ることが出来ますか?

もし、ロボアドバイザーが
大幅な損切りや、もしくは損失補填を提案してきたら、
あなたはどうしますか?

そこでロボに任せられないなら、
ロボにする必然性はあるんでしょうか。

いざという時に任せられないものに、
毎年コストを払うんですか?


…あなたは一体、何をしたいんですか?


別に僕は、世界平均にしなさい、
と言っているわけではありません。


逆に、ロボより世界平均の方が下回ったら、
上記と逆の質問に悩まされる人が同じく出てくるはずですから。


最悪のシナリオを想定した質問に
明快に答えられるようにしておかなければ、
いずれまた必ず来る、大幅なリセッション(下落)の時に、
自問自答の末、自ら投資を断つ危険性があります。

(そしてそのときは投資をやめる、とおっしゃるなら、
それは投資を始めたときから失敗が確定しています。)


何度も言いますが、別に僕は
ロボはやめておけ、と言っているのではないのです。

ある意味では便利ですし、コストが納得できるなら
使っても全然いいと思いますが、
限界をきちんと理解した上で、使ってください。

よもや、これが救世主だなんて思ってはダメですよ。

投資というのは、未来予測をするゲームではありません。


どれも、便利ではあるけど、
魔法のツールではないということを
肝に銘じておいてください。



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

1,300名が衝撃を受けたその理由は…


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント