柄にもなくドル円の予想、というか現状分析のまとめです。

更新日:
  • 人気ブログランキング
DA127_L

予想というとおおげさですが、
為替(ドル円)の動向についてです。

今更感もありますが(笑)
たまにはいいかと。

僕の予想というより、まとめ記事に近いですので
軽い読み物、ぐらいの気分でお読み下さい。



みんなの分析

まず円安派の意見をまとめると、こんな感じです。


  • 米国の経済統計は堅調であり、このままいけば年内利上げの可能性が高いだろう
  • 足元のインフレ期待が低いのは、原油価格の下げの影響が大きいだろう
  • 原油価格は無制限に下がるわけではないだろう
  • 日本はまだ量的緩和を続ける可能性があるだろう


以上が、ドル高、円安の継続を
予測する筋のおもな分析です。

これに加え、日本の貿易赤字による
円安圧力を指摘する向きもあります。

経済が順調に行けば、円安になるだろうというのが
一般的な見方ですね。

一方で円高派はこんな感じです。

  • 中東、ユーロ圏の政治リスクなどがあり、安全資産の円が買われる可能性
  • 購買力平価で見た時、円は十分安くなっている。少なくとも円安の余地は大きくない
  • これ以上の円安は個人、中小企業に悪影響があるので、積極的に金融緩和できない
  • これ以上の緩和策は、買い取り資産が無く、技術的に難しい



僕個人は若干の円安派ですが、
その理由はやはり米国の利上げ確率が高かろう、
というところが大きいです。

例えば、CMEが運営しているサイトで
Fed Watchというページがあって、その中で
今年9月時点でのFFレートの予想(確率)は

2015-02-10 16.54.51

のようになっています。

0.5% のところに山があるのが分かりますね。


市場は、こうやって米国の利上げを
織り込んできているということが理解できます。


実際に利上げしたら、あるいは利上げが確実になった時点で
ドル高に動くんではないか、というのが僕の勝手な予想です。



予想に、予想以上の価値はない

ここまで書いていてなんなんですが、
予想はあくまで予想で、それ以上でもそれ以下でもない
ということは何度言っても強調しすぎることはないと思います。

特に強く予想されることほど、
すぐに織り込まれていきますので、
予想で利益を取ろうとすればするほど、
(つまり弱い予想を信じるほど)
利益の取れる確率は低くなっていきます。


これが一般的なリスクとリターンの関係です。


もう一つ誤解の無いように付け加えますと、
僕自身、予想したトレードをしてはいけない、
とは思っていません。

職業としてトレードをされていて、
驚くほど上手く利益を取る方がいるのも
実際知っていますので、そこを否定しても
ナンセンスですからね。


ただ、僕はトレードが下手ですし、
仕事がメインで投資はサブ、というごく一般の方は
トレードには手を出さないのが無難です。


もしどうしてもやりたい、という場合は、
失敗しても笑って済ませられるぐらいの
資金でやるのがいいです。

それなら仮に失敗したとしても
勉強料だと思えば何も失うことは
ありませんので。



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント