年金は繰り上げてもらうのが得か損か?まずは理論的に押さえてみる。

更新日:
  • 人気ブログランキング
AT076_L

年金(老齢基礎年金)は、申請すれば
繰り上げて支給してもらうことが可能ですが、
その代わりとして支給額が一定割合減らされます。


前倒しでもらうのは、
果たして得なのでしょうか、損なのでしょうか。

試算してみました。



年金の繰り上げ支給の仕組み

基礎年金(老齢基礎年金)は、繰り上げ支給を請求することが出来ます。

請求するための条件としては


  • 保険料納付済期間+免除期間+合算対象期間が25年以上
  • 60歳以上65歳未満
  • 任意加入被保険者ではない

があります。

仮に繰り上げ支給が認められた場合、
繰り上げた月数に0.5%を掛けた率が「減給」され、
その減給率が一生涯続きます。

ただしその分前倒しでもらえるわけですから、
65歳で亡くなるとまるまるプラスですし、
運用するなら利回りによっては±が変動します。

ということは、

  • 繰上げ請求のタイミング
  • 運用利回り
  • 受給期間(死亡のタイミング)

によって、損得が様々に変化するということが分かります。

パラメータが3つあると表にしづらいので
死亡のタイミングは60歳時点での男女の平均余命の平均
を60に足して81歳とします(参考:平成 24 年簡易生命表)。

また、比較の条件を簡単にするために、運用と取り崩しのルールも加えます。
以上の条件をまとめると

  • 81歳まで生きることを想定
  • 繰り上げ受給しても65歳まで手を付けず、想定利回りで運用する
  • 65歳以降、繰り上げの有無に関係なく65歳から繰り上げ無し支給額を使用する
  • 65歳以降、繰り上げでもらった資産を運用しながら取り崩す

です。

計算方法は利回りと積み立て、取崩しの関係も参考にしてください


この条件のもとで、損得を計算した表が以下。


繰り上げ受給における、利回りと開始時期での損得表
受給開始年齢
利回り 60 61 62 63 64 65
0.0% -1.30 -0.80 -0.42 -0.16 -0.02 0.00
0.2% -1.23 -0.74 -0.37 -0.13 0.00 0.00
0.4% -1.15 -0.68 -0.33 -0.10 0.01 0.00
0.6% -1.07 -0.61 -0.28 -0.06 0.03 0.00
0.8% -1.00 -0.55 -0.23 -0.03 0.05 0.00
1.0% -0.92 -0.49 -0.18 0.00 0.06 0.00
1.5% -0.72 -0.32 -0.05 0.09 0.10 0.00
2.0% -0.51 -0.15 0.08 0.17 0.15 0.00
2.5% -0.29 0.03 0.21 0.26 0.19 0.00
3.0% -0.07 0.21 0.35 0.36 0.24 0.00
3.5% 0.17 0.40 0.49 0.45 0.28 0.00
4.0% 0.41 0.59 0.63 0.55 0.33 0.00
4.5% 0.65 0.79 0.78 0.64 0.38 0.00
5.0% 0.91 1.00 0.94 0.74 0.43 0.00
7.5% 2.32 2.11 1.76 1.28 0.69 0.00
10.0% 3.94 3.37 2.67 1.86 0.96 0.00


表の数字は各組み合わせにおける損得の「度合い」で、
繰り上げ無し(65歳から)での受給年額を基準に
その何倍損か得かを示しています。

例えば数値が1.5なら81歳時点で1.5年分プラス、
−1.0なら同1年分マイナス、という意味です。

そして黄色のマークをつけている所は最も得になる組み合わせで、
利回りが増える毎に早くもらった方が得になっていく
ことが分かりました。

もちろん前提条件を変えれば最適値も変わってきますが
繰り上げ受給を考える余地は十分にありそうだ、
ということが分かっただけでも収穫です。


1%以下の運用利回りでも1年前倒しした方が得になる、
というのは意外ですね。

これなら将来金利が上がるとすれば
十分検討の余地がありますし、
今でも変動利付国債で運用すれば
わずかですがプラスになる可能性があります。



繰り上げ受給まとめ

前提条件を一つにしぼり、
運用益や年金受給の税金の影響は無視して
ざっくりと計算してみました。

実際にはもっと正確な計算が必要だと思いますが
少なくとも検討の余地なし、とはならないはずです。


また、繰り上げ受給の反対に、
繰り下げ受給というのもあります。

繰り下げ(後のばし)した分、
これは繰り下げた月数x0.7%「上乗せ」されて
支給されるものです。

こちらは81歳まで生きると確実に
プラスになります。

ただし繰り下げるまでの生活費原資が必要ですので、
資産を取り崩せる人(借金せずに済む人)が対象になるでしょうね。


やっぱり資産がある方がいろいろと有利になるなぁ、
ということで結論としてはコツコツ資産運用していきましょう。


以上、年金小話でした。





ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント