繰り下げ受給は寿命とのチキンレース?最も得する繰り下げ年数とは。

更新日:
  • 人気ブログランキング
AQ018_L

将来の年金。いくらもらえるか、気になりますよね。

10年後、20年後の制度がどうなっているか、
現状では分かりませんが、今の制度では
繰り下げ受給で額を増やす、という手があります。


まだ気が早いかもしれませんが
年金の繰り下げ受給のメリットと
受給総額との関係について調べてみました。




老齢年金の繰り下げ受給とは

老齢年金は65歳から受給できることになっていますが、
これを繰り下げ(後のばし)て受給することも可能です。

もちろんその分のメリットもあって、
1月繰り下げるごとに、受給額が0.7%ずつ増えます。

つまり
1年繰り下げれば8.4%増え、
5年繰り下げれば42%も増えることになります。


これを図で説明すると、次のようになります。

繰り下げ受給と受給額の関係(イメージ)
2015-02-06 15.27.07
老後の生活をより一層楽しむために、
少しでも多く受け取りたいところです。

ただし、繰り下げれば受給額は増えますが
受給開始までの期間はもらえなくなりますので
それとのせめぎ合いになります。


そこで、受給開始年齢と寿命との損得関係を計算してみました。

受給開始年齢と寿命による総受給額の違い
受給開始年齢
寿命 65 66 67 68 69 70
75 0.0% -2.4% -6.6% -12.4% -19.8% -29.0%
80 (※男1) 0.0% 1.2% 1.2% 0.2% -2.0% -5.3%
83 (※男2) 0.0% 2.4% 3.8% 4.3% 3.9% 2.6%
85 (※女1) 0.0% 3.0% 5.1% 6.4% 6.9% 6.5%
88 (※女2) 0.0% 3.7% 6.6% 8.9% 10.4% 11.1%
90 0.0% 4.1% 7.5% 10.2% 12.2% 13.6%
95 0.0% 4.8% 9.0% 12.7% 15.8% 18.3%
100 0.0% 5.3% 10.1% 14.5% 18.3% 21.7%
※男1 男性の平均寿命
※男2 65歳時点の男性の年齢+平均余命
※女1 女性の平均寿命
※女2 65歳時点の女性の年齢+平均余命

この表は65歳から受給した場合を基準として、
66歳以降に繰り下げた場合の総受給額がどれだけ増減するか、
その割合を示しています。

繰り下げた場合にマイナス(赤字)になってしまうのは
80歳と平均寿命以下で、繰り下げ年数が大きい場合と
なっています。

一方で寿命に対して最大受給となる受給開始年利が決まり、
それを黄色いセルで示してあります。


当たり前ですが寿命が伸びれば伸びるほど受給を繰り下げたほうが
お得になっていき、100歳まで生きればなんと+21.7%と
大幅に受給額が増えることになります。

そこまでいかなくても、90歳近くまで長生きすることが
普通になってきていますから、繰り下げ効果+10%以上を
享受することぐらいは無理なく出来そうです。

まぁ、自分の寿命を予定することは出来ないので
あくまでも参考程度かな、とは思いますが
繰り下げたほうがお得になる確率が高いということは
覚えておいていいといえます。

平均で言えば、

  • 男性は2〜3年
  • 女性は4〜5年

繰り下げれば高い確率でプラスになります。


結局、繰り下げても大丈夫なぐらい十分な金融資産を持っておけば、
より多くの金融資産を手にできる、ということでしょうか。
(なんだかどこかで聞いたようなフレーズですね…)


なお、金融に詳しい方なら
「現在価値で見ないと損得は分からない」
とおっしゃるかもしれません。

一応65歳時点の現在価値でも比較してみましたが
割引率が2%を超えるぐらいから、
ようやく影響が出てくるようです。

今のような超低金利の状況であれば、
現在価値でみても結論はあまり変わりません。


長期国債の利回りや、物価上昇率が
安定的に2%を超えるような状況になれば、
改めて検討すればいいと思います。



別々に繰り下げることも可能

繰り下げれば、お得になるのは分かった。
でもやっぱり手元の生活費が足りなくて苦しいのは困るし…
という「実生活」との板挟みになるのが多いかと思います。


ということで、妥協案として、一部を繰り下げてはどうでしょうか。


年金には「基礎年金」と「厚生年金」があって、
それぞれ別々に繰り下げることが可能です。

ですので、とりあえず65歳から基礎年金を受給し、
様子をみながら(苦しくなったら?)厚生年金を
繰り下げ受給する、という流れならムリがないと思います。


もうそろそろ年金生活に入る方は、
参考にしてください。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントは5件です

  1. のん より:

    はじめまして 

    こちらのページを数日前に知り、お勉強させてもらっています。
    きっかけは企業確定拠出型年金が導入され3年放っていたのをチェックしたことです。

    年金受給開始年齢については寿命という不確定要素が絡むと、計算だけでは片づけられませんね。
    では受給開始年齢と所得税などの税金ではどうなるのでしょうか?
    お得と思われる開始年齢時期があるような気がするのですが。。。。

    • より:

      のんさん

      はじめまして、
      ご購読、コメントありがとうございます。

      税金関連の話はありますね。
      (あえて、この記事では無視していますが…)

      コメント欄に書ききれるものではありませんが、
      ざっくりいえば
      公的年金は雑所得扱いで、公的年金等控除額が
      年齢と年金収入によって定まっています。
      これを控除した後、総合課税という流れです。
      (もらう額によっては源泉徴収される場合もあります)

      公的年金等の課税関係|国税庁
      https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm


      ご指摘の通り
      正確には給付金額から税額を予想し
      それに応じたテーブルにすべきですね。

      ただ、税を無視しても
      それほど影響はないだろうとは思います。

      というのも、給付が増えた分にかかる税額が
      税の増加分になるからです。

      例えば
      「税を考慮しなければ、繰り下げて10%多くもらえそうだ」

      の場合、税額の増分は
      その+10%分に税(例えば20%)をかけて
      税増加分は2%(=10%x20%)
      となりますが、大勢には影響を与えないレベルと思われます。
      (+10%が+8%になる、という感じ)

      もちろん、これは大まかな考え方ですので、
      本来はちゃんと計算すべきですね。


      なお、税を考慮しても
      順位(お得な繰り下げ年数)は基本、変動しません。

      変動するとすれば、103万円の壁のような、
      「たくさん稼いだら手取りが減る逆転現象」
      がある場合のみになります。

  2. より:

    すいません、自己レス。

    税を考慮しても、順位は変わりませんが、
    表の数値もほとんど変わらないかもしれません。

    例えば

    無税の場合:
    繰り下げなし:100万
    繰り下げあり:110万(+10%)

    20%課税の場合:
    繰り下げなし:80万
    繰り下げあり:88万(+10%)

    分母も分子にも税がかかるので…という理屈です。
    (この例はかなり単純化してます)

    数値を変える要因があるとすれば
    累進課税による部分と思いますが、
    結局それも微々たるものかもしれません。

  3. のん より:

    林 さま

    返信ありがとうございます。

    それほど気にすることでもないのですね。

    受給時期を少しずつずらしたりいろいろな策がありそうですが、まずは未来の自分に送るつもりで、投資信託していきます。
    税金のことは莫大な資産形成ができてから悩むことにいたします。

    このところ基準価格もドルも上がっているので様子を見ながらの微増資ですが、始めてよかったと思っています。

    こちらのブログを見ながら投資の勉強も続けていきます。

    ご活躍をお祈りいたします。

    • より:

      のんさん

      > 未来の自分に送るつもりで
      いい言葉ですね。

      投資はあくせくせずに、
      気長に続けていくことをお勧めいたします。

      またなにかあれば、
      気軽にコメントください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント