養老保険は検討すべき商品なの?その前に、まずはメリット・デメリットを知ろう。

更新日:
  • 人気ブログランキング
AU191_L

貯蓄性が高いと言われる養老保険。

満期まで持てば元本が保証されていることもあって
銀行預金の代わりに利用を考えている、という方も
多いかもしれません。


どれぐらいお得なのか、保険であることの良さはなにか、
落とし穴は無いのか?などなど
メリット、デメリットをまとめてみました。



養老保険と実質利回りの試算

満期までは定期保険として、
満期時は満期保険金が受け取れるという保険で
基本的には貯蓄目的が強い保険です。


なお、保険の基本については
保険のかけ過ぎは家計を危うくする?生命保険の情報武装をして家計を守ろう。
でも解説していますので参考にしてください。



さて、貯蓄というからには利回りが出てこなければいけません。

実際、各社の養老保険のページを見ると、「予定利率」
という言葉が出てきます。

ただしこれは実際の利回りとは以下の点で異なります。


  • 保険料のうち、貯蓄保険料にのみかかる利回り
  • 単利になっている


そのため、他の金融商品と比較するためには
支払い額に対する複利回り(実質利回り)を
求める必要があります。

ソニー生命の養老保険の例で計算してみます。
(ネット上で保険料を公開していたため、例としました。)


  • 35歳、男性
  • 保険金額 1000万円
  • 保険期間 20年
  • 保険料払込期間 20年
  • 月払い保険料 39,840円

ソニー生命保険のページより抜粋、数値は2014年11月2日時点)


この例でいくと、月額保険料が39,840円ですから、
年間保険料は478,080円。

これを20年間積み立てたとして20年後に1000万受け取る場合、
複利で年間0.47%の利回りとなります。

これが投資の面だけからみた実質的な利回りとなります。

ただ、20年間の定期保険が付いていますから、
その分を考慮しないと保険会社としては可哀想です。


そこで、保険の分を除いたら、どれぐらいの利回りで
運用されるのかを試算してみます。


「それが予定利率じゃないの?」


と言われそうですが、付加保険料(経費率)がよくわからないため、
予定利率をそのまま鵜呑みにするわけにもいかないのです。


やや乱暴な方法とは思いますが、保険機能を除いたら
定期保険料分が養老保険の保険料から引かれてが安くなる
と考えてみます。

これが、契約者から見た時の実質利回りに近いからです。


安全側で見積もるため、安価な定期保険料、
例えば、ライフネットの定期保険料を採用します。

35歳から20年間、1000万円保証の定期保険の場合
月額保険料は2,385円、年間で28,620円になります。

養老保険料の年額は478,080円から449,460円に
下がりますので、この条件で20年後1000万円受け取るには
利回り1.11%と、前回の0.47%から上昇します。



「なにを言っているの???」


と突っ込まれそうですが、結局、上の養老保険の例は
定期保険をかけながら、別途利回り1.11%で積み立て運用するのと
同様の効果がある、ということです。



ただし、この利回りは
契約年齢、契約時期、契約期間、保険会社等によって変わってきますので
1.11%はあくまでもこの例での試算結果にすぎない、
ということに注意してください。



養老保険のメリットとおもなリスク

保険会社が少しだけリスクをとって運用してくれるのは、
人によっては、ありがたいかもしれません。

また、僕は保険商品の最大のメリットの一つが
節税だと思っていて、養老保険も受け取り時に一時所得となり
特別控除枠50万円のメリットが使えます。
(参考:一時所得とは|国税庁

50万円以下の利益については非課税になりますから、
その分実質的な利回りも向上するわけですね。


これが、養老保険のメリットです。


一方で、養老保険のリスク、デメリットもあります。


  • 途中解約すると、解約返戻金が元本割れすることがある
  • 将来、物価上昇率が上がってインフレ傾向となる場合、インフレ負けする可能性がある
  • 生保会社の経営状態によっては、予定利率が変更となる可能性がある
  • 定期保険が不要な場合、余計なコストを払わされる



「このご時世、1%以上の運用利回りが得られるなら美味しいじゃないか?」


というご意見もあるかと思いますが
すぐに飛びつかず、よくよく検討する必要があります。



結局、どんな人に向いているの?

上の例で言えば、運用部分に関しては利回り1%の
ゼロクーポン債に似ていますね。
(積み立て、という点で大きく異なりますが…)

ということで、


  • 定期保険をかけたい
  • 資産配分上、ゼロクーポン債に類似した安全側の資産を積み上げたい
  • 長期間必要の無い資金がある


条件を満たす人にとっては、
選択肢の一つ、と言えるかもしれません。


ただ、この条件にぴったり合致する人は、それほど多くないのでは?
と思います。


あくまで一般論ですが、例えば若い人の立場で考えると
債券などではなく、株式などのリスク資産を多めに取りたいでしょうから、
養老保険の額は抑える方向となります。

一方で、定期保険としては、若いほど残りの人生が長いので
多めの保証金が必要です。


となれば、養老保険は相反するニーズを
無理やり一つにパッケージ化してしまった商品であり、
検討が難しい商品といえます。


例えていうなら、「いろはす」のペットボトルに
おまけでフィギュアが付いてくる感じでしょうか。


環境にいいことしたいから「いろはす」にしたのに、
余計なフィギュアがついてるから、
環境にいいんだか悪いんだかわかんないよ…

いろはす単体、フィギュア単体は、それぞれいい商品なのに
一緒になってるから、微妙。( ꒪⌓꒪)


っていう感覚でしょうか。


…その例えはだいぶ違うんじゃないか、といわれそうですが(笑)
ペットボトルほど気軽に買える額の商品でもないので、
検討は慎重にしたいところです。


もちろんバッチリハマる人であれば問題ないですが
個人的には保険は保険(それも低価格の定期保険など)
運用は運用と分けて考えるのがやっぱり素直で
イイと思いますね。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント