Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。→ 簡単に節約できます。

更新日:
  • 人気ブログランキング
CH063_L

決済手段としてPaypalを使うことも
増えてきていると思います。

別にこちらがPaypalを希望しなくとも、
販売者によっては決済手段にPaypalしかない場合もあり
さけて通れない場合もあります。

先日、たまたま為替手数料を見ていたんですが
実はとんでもないことになっていることが判明しました。




実際のPaypalの為替手数料を見て…

とある買い物をしたときのこと。

2015-01-21 17.11.18

なにげなく決済画面を見ていたんですが…

このときの為替レートが1ドル117.5円程度。
4円程の為替手数料(往復で8円?)を
取っていることが判明。

あまりの 暴利 実入りの良い商売に
笑ってしまいました。

ちなみにこの件があってPaypalの規約を確認したところ
Paypalの為替手数料は4%とのこと。
往復で8%の為替手数料とは、なかなかに大胆不敵です。


ただ、この手数料を減らす(わりと有名な?)方法があって
検索すると複数の記事で紹介されているようです。

例えば、Paypal以外の方法も含めて為替手数料を節約する方法が
Paypalの利用|手数料を節約して海外送金する方法
などにあります。


以下はほぼ受け売りですが^^;
Paypalに関して僕もやってみたので、備忘録として残しておきます。



Paypalの為替手数料を節約するステップ

Paypalの為替手数料を適用せず、
クレジットカード会社の為替手数料を適用すれば
Paypalほどの手数料を払わずに済みます。


まず、Paypalの支払画面に入りますが、
これは、実際に商品を購入するプロセスから行くのが
手っ取り早いです。

僕はebayから適当なものをカートに入れ、
Paypal支払いにチェックを入れて進みました。

そうすると、支払い画面の中に以下の項目が出てくるはずですので
「その他の通貨換算オプション」をクリック。

2015-01-21 17.51.58

ただしJCBカードだと通貨換算オプションが出てきませんでした。
VISA、MASTERカードのみかもしれません。

「その他の通貨換算オプション」の画面内で
「売り手の請求書に記載されいている通貨で支払う」
オプションにチェックを入れ、「続行」します。

2015-01-21 17.52.16

あとは、実際に購入する必要がないので、
キャンセルして終了しておきます。

次回の購入からは、同様のオプションで
購入できるようになるはずです。

こうすればカード会社側の為替手数料に変更になりますので、
だいたい手薄料が2%弱程度に抑えられるみたいです。

ただし、為替レートの決定タイミングが異なるので、
為替レートの変動次第では、確実に節約できるかどうか分かりません。

カード会社のレートを使うと
レート決定が数日程度遅れるみたいですね。


知らなかった…。
ブロガーの皆様、ありがとうございます。

たったこれだけの手間で手数料を効果的に抑えられるなら、
忘れないうちにやっておくべきですね!


銀行系の手数料には非常に損得の大きなものが
所々地雷のように埋め込まれていますので、
よくよく学んで自衛しないとどんどん搾取されてしまいます。

特に「少額決済」「為替手数料」系は要注意ですので
改めて気を引き締めたいと思いました。




PayPalだけでなく、節約は
トータルで戦略を立てていきましょう。




ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントは15件です

  1. @tktr90755 より:

    便利やーと思ってたけどボロい商売だったんだなあ:Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。…簡単に節約できます。 http://t.co/fhQPCgS8IK

  2. フッキー より:

    こんにちは
    フッキーと申します。

    今会社員をやりながらアフィリエイトでコツコツ稼いでる
    38歳3時のパパになります。

    近い内に会社を辞めてアフィリエイトをメインにネットで飯を食おうとしている中で、もう一つ収入の柱を作りたいなと思っており
    まずは勉強のために訪問いたしました。

    いくつか記事を拝見しましたが、とても分かりやすく記事にされておりスッと理解できて助かります。

    ぜひこれからも
    悩める子羊を救ってくれるコンテンツをお願いいたします。

    応援してます。
    ありがとうございました。

    • より:

      フッキーさん

      こんばんは、
      コメントありがとうございます。

      3児のパパで独立とは、
      チャレンジですね!

      応援します。

      僕も去年独立しましたが、
      サラリーマンと個人事業主では
      お金の流れが変わってしまうので、
      事前にある程度シミュレーションしておくと
      いいかなと思います。

      (住民税とか、事業税とか、後から
      ボディーブローみたいに来ますので…)

      今後ともよろしくお願いします。

  3. @shio_gatsu より:

    Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。→ 簡単に節約できます。 https://t.co/ea1z4DsMtC

  4. @washako16 より:

    Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。→ 簡単に節約できます。 https://t.co/R3vPnEy9RQ

  5. @NoVa_SHIBLY より:

    Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。→ 簡単に節約できます。 https://t.co/Gexj6pCdkD

  6. @KaiwaUSA_Naoko より:

    Paypalの為替手数料が広大すぎて笑えました。→ 簡単に節約できます。 https://t.co/dj53aeGmQL

  7. 雨さん より:

    はじめまして。
    コメントを失礼いたします。


    2-3日前から、ペイパルでの為替レートを【カード会社のレート】を何回選択しても、【ペイパルの暴利レート】で決済される現象が起きていて困っています。

    ペイパルのカスタマーセンターにも問い合わせいていますが、『システムのエラーで今回の現象が起きており解決中。購入先のショップがExpress Paymentを採用していると、【カード会社のレート】を選択しても、自動的に【ペイパルのレート】で決済される。』などと適当な説明を受けて本当に困っています。

    現在、他の方も同じ現象が起きているのか、私のアカウントだけペイパルから嫌がらせを受けているのか、分かりません(笑)

    最初からレート選択ができないならわかりますが、【カード会社のレート】をちゃんと選択しても、自動的に【ペイパルのレート】とは本当に巧妙な詐欺みたいです! 当方は最近、頻繁にペイパルを利用していたので、今回の現象に気がつきましたが、多分ほとんどの消費者は、ちゃんと【カード会社のレート】が選んだつもりで、実は【ペイパルのレート】が適用されているなんてことに気がついていないと思います。

    ペイパルの言うシステムエラーだとすると、消費者に周知していないのは問題ですよね。

    レート変更の方法について、こちらのページで学び大変助かりました。
    ペイパルの巧妙な詐欺が解消されるか、または他のペイパル利用者が、今回の現象に関して気がついてほしいなと願うばかりです!

    長々と失礼いたしました。

    • より:

      雨さん

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      貴重な情報も、ありがとうございます。

      おっしゃるとおりだとすると、
      それが恒常的に行われているなら、
      悪質かもしれませんね。

      ペイパルはわからない部分も多く、
      結構みなさん、手こずっているようです…。

      便利な部分もあるにはあるので、
      言うべきことはいいながら
      付き合っていくしかないのかもしれません。

  8. 松田 より:

    ETORONで購入手続きをしたところ
    PayPalを選択しても
    「通過換算オプション」が表示されないんですよね。
    よろしければご確認願えませんでしょうか?
    手数料3000円ほどに。

    • より:

      松田さん

      おはようございます。
      コメント頂きありがとうございます。

      ETORONというのがちょっと分からないのですが、
      取引先によっては対応がまちまちなのかもしれません。

      最近ドル建て商品の決済をしましたが、
      オプション表示はされていたように記憶していますので
      一律にオプション表示がなくなる、
      というわけではなさそうです。

  9. abcde より:

    Geekbuyingでも購入手続時PayPalを選択しても
    「通過換算オプション」が表示されないです。
    手数料が節約できると思ったのに~(^-^;)

    • より:

      abcdeさん

      コメントありがとうございます。
      それは残念でしたね(汗)

      PayPalも、節約されないように、
      だんだんとオプションを外していっているのかもしれません。

      PayPal以外に、普通にクレカで支払いできるなら、
      そちらも検討してみてください。

  10. ほりぐち より:

    お久しぶりです。
    一度Iさんのいのべーしょんハウスでgoogle検索のワークショップでお会いしましたほりぐちと申します。
    さっそく試してみました。
    Paypalに限らず外資系企業は基本弱肉強食ですね。知らない人が悪いというスタンスで知識に疎い人がいつも損をする、しかもそれは気付きにくいカタチでどこかに埋め込まれていると。
    企業の社会的責務というものを今一度考え直して欲しい所です。

    • より:

      ほりぐちさん

      こんばんは、お久しぶりです。
      林です。

      >企業の社会的責務というものを今一度考え直して欲しい所です。

      そのとおりですね。
      強い者は資本の論理でゴリ押ししてきますので、
      ユーザーは辟易します…。

      社会は搾取する場ではありませんので、
      考えてほしいですね。

      まぁ、その反動がトランプ氏当選とか、
      いろいろなところで出ているのかもしれません。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント