複利にどれぐらいのインパクトがあるのか実感しよう。「利回りと運用期間」、「資産とその取崩し」の密接な関係について(速算表)

更新日:
  • 人気ブログランキング
calculator_syuku

「長期投資は、複利の効果を使え!」

とよく言われますが、その効果を具体的にイメージするには、
いろんな角度から眺めてみるのが一番です。


コツコツ投資をしながら、老後資金を蓄えるような場合、
複利効果がどれぐらいあるか、便利な換算表を元に
ご自身に当てはめて具体的にイメージできるようにしてみました。



利回りと積立金額、取り崩せる金額の関係

早速ですが、こちら横軸に運用年数、縦軸に利回りをとったときの、
積立金額が最終何倍になるのかということを示した表です。

毎年の積み立て金額が何倍になるか?
運用年数
利回り 5 10 15 20 25 30 35 40
0.0% 5.0 10.0 15.0 20.0 25.0 30.0 35.0 40.0
0.5% 5.1 10.2 15.5 21.0 26.6 32.3 38.1 44.2
1.0% 5.1 10.5 16.1 22.0 28.2 34.8 41.7 48.9
1.5% 5.2 10.7 16.7 23.1 30.1 37.5 45.6 54.3
2.0% 5.2 10.9 17.3 24.3 32.0 40.6 50.0 60.4
2.5% 5.3 11.2 17.9 25.5 34.2 43.9 54.9 67.4
3.0% 5.3 11.5 18.6 26.9 36.5 47.6 60.5 75.4
3.5% 5.4 11.7 19.3 28.3 38.9 51.6 66.7 84.6
4.0% 5.4 12.0 20.0 29.8 41.6 56.1 73.7 95.0
4.5% 5.5 12.3 20.8 31.4 44.6 61.0 81.5 107.0
5.0% 5.5 12.6 21.6 33.1 47.7 66.4 90.3 120.8
5.5% 5.6 12.9 22.4 34.9 51.2 72.4 100.3 136.6
6.0% 5.6 13.2 23.3 36.8 54.9 79.1 111.4 154.8
6.5% 5.7 13.5 24.2 38.8 58.9 86.4 124.0 175.6
7.0% 5.8 13.8 25.1 41.0 63.2 94.5 138.2 199.6
7.5% 5.8 14.1 26.1 43.3 68.0 103.4 154.3 227.3
8.0% 5.9 14.5 27.2 45.8 73.1 113.3 172.3 259.1
8.5% 5.9 14.8 28.2 48.4 78.7 124.2 192.7 295.7
9.0% 6.0 15.2 29.4 51.2 84.7 136.3 215.7 337.9
9.5% 6.0 15.6 30.5 54.1 91.2 149.7 241.7 386.5
10.0% 6.1 15.9 31.8 57.3 98.3 164.5 271.0 442.6

理解しやすくするために、利回りが0%の場合を一番上に示してあります。

つまり、毎年の積立金額が1万円だとすると、
5年でその5倍の5万円。
10年でその10倍の10万円。
…と、至極当たり前のことを言っています。

で、所定の利回りで複利運用した場合がその下に示してあるわけです。

ここまでは、なんとなく理解出来るかと思います。


では次に、少し見慣れない表に移ります。

こちらは、今ある資産を決まった期間毎年取り崩すとして、
資産のどれぐらいを取り崩せるか?
という係数を表しています。

資産のいくらを取り崩せるか?
取り崩し年数
利回り 5 10 15 20 25 30 35 40
0.0% 0.200 0.100 0.067 0.050 0.040 0.033 0.029 0.025
0.5% 0.203 0.103 0.069 0.053 0.043 0.036 0.031 0.028
1.0% 0.206 0.106 0.072 0.055 0.045 0.039 0.034 0.030
1.5% 0.209 0.108 0.075 0.058 0.048 0.042 0.037 0.033
2.0% 0.212 0.111 0.078 0.061 0.051 0.045 0.040 0.037
2.5% 0.215 0.114 0.081 0.064 0.054 0.048 0.043 0.040
3.0% 0.218 0.117 0.084 0.067 0.057 0.051 0.047 0.043
3.5% 0.221 0.120 0.087 0.070 0.061 0.054 0.050 0.047
4.0% 0.225 0.123 0.090 0.074 0.064 0.058 0.054 0.051
4.5% 0.228 0.126 0.093 0.077 0.067 0.061 0.057 0.054
5.0% 0.231 0.130 0.096 0.080 0.071 0.065 0.061 0.058
5.5% 0.234 0.133 0.100 0.084 0.075 0.069 0.065 0.062
6.0% 0.237 0.136 0.103 0.087 0.078 0.073 0.069 0.066
6.5% 0.241 0.139 0.106 0.091 0.082 0.077 0.073 0.071
7.0% 0.244 0.142 0.110 0.094 0.086 0.081 0.077 0.075
7.5% 0.247 0.146 0.113 0.098 0.090 0.085 0.081 0.079
8.0% 0.250 0.149 0.117 0.102 0.094 0.089 0.086 0.084
8.5% 0.254 0.152 0.120 0.106 0.098 0.093 0.090 0.088
9.0% 0.257 0.156 0.124 0.110 0.102 0.097 0.095 0.093
9.5% 0.260 0.159 0.128 0.113 0.106 0.102 0.099 0.098
10.0% 0.264 0.163 0.131 0.117 0.110 0.106 0.104 0.102

こちらも運用利回り0%の欄を見ると理解できますが、
10年間で取り崩すなら1/10=0.1、
20年で取り崩すなら1/20=0.05
になっています。

運用しながら取り崩すなら、
もう少し多めに取り崩しても大丈夫だ、
ということが分かりますね。


速算表の使い方

さて、勘のいい読者の皆様でしたらもうお気づきかもしれませんが、
ここから毎年の積立金額と、使える年金額を簡単に導くことが出来ます。


例えば、今現在30才とし、60歳まで、30年間積み立てて、
60歳から90歳まで、30年間取り崩すとします。

積立時、取り崩し時の利回りがいずれも3%だと想定すると
それぞれ前表の30年、3%の欄を参照して

積立時  :47.6
取り崩し時:0.051

になります。
両者を掛け算して2.42。

これはどういう意味かというと、
30から60歳まで毎年100万積み立てたら、
60から90歳まで毎年100 x 2.42=242万取り崩すと

90歳時点で残高がゼロになりますよ、
ということなんですね。

3%というとリスク資産で運用すれば、
割と手堅い利回りだと思いますが、
それでも複利の効果というのは偉大で、
2倍以上の引き出し額になって帰ってくる、
というわけですね。


実際の投資になると取引コストやら税金やらがかかりますから、
もう少し少ない金額にはなると思いますが、
ざっくりとした感覚は掴めると思います。


この表を使って、ご自身の考える積立額、期間、利回り等で
自由に計算してみてください。



なお、投資の利回りは誰も約束できませんし、
リスク資産に投資をするもしないも、個々人の自由です。


ただ、いずれにせよ、積み立てと取り崩しの関係を
知っておいて損はないと思います。

例えば銀行預金で行く!と決めたなら
利回り0%の欄をじっくりみて、
ライフプランを考えるわけですからね。


計画(妄想?)するのは自由でコストゼロですから、
いろいろ考えるのにこの表を役立ててください。


ライフプラン作成等もしていますので、
興味があればお問い合わせください。



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?


  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

資産構築 Facebookページ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント