ファンドオブザイヤー2018に投票してきました。

271 閲覧
SBI全世界株式インデックス

こんにちは、林です。

草の根の活動、ファンドオブザイヤー(FOY)2018に投票してきました。

毎年投信ブロガーが投票し、1月に結果発表となるこのFOYですが、今では運営会社にも影響を与えるほどの力を備えてます。

ファンドオブザイヤー2018


こちらで投票してきました。

投票結果を公表する必要はないとのことですが、せっかくなので少しご紹介したいと思います。ポイント配分は、伏せておきます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

SBI全世界株式インデックス
1つ目がこのファンド。FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの連動を目指すインデックスファンドで、日本株式を含む全世界株式型です。

特徴は

  • シュワブU.S.ブロードマーケットETF
  • SPDRポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国)ETF
  • SPDRポートフォリオ・エマージングマーケッツETF

の3つのETFでポートフォリオを組むことです。

これら投資先の経費率は0.042%程度、ファンド本体の信託報酬が年0.108%で、合わせて年0.150%程度の経費率を見込んでいます。

直接ETFが買えるならその方が当然経費率が下がりますが、買えるとしても買いにくいですし、海外ETFですから為替コストや売買手数料もかかります。

本体の信託報酬が年0.108%ですから、まぁ現実的に考えてコスパは良いのではないでしょうか。

もちろん、さらに下がってくれれば御の字ではあります。


ちなみにこのファンド、愛称が「雪だるま」なんですが、正確には「雪玉」ではないのかと思うのは僕だけでしょうか…?


楽天・全世界株式インデックス・ファンド


楽天・全世界株式インデックスファンド
同じようなコンセプトで作られているファンドで、こちらもFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとするインデックスファンドです。

ただ、こちらは

  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

いわゆるVT1点買いのファンドで、じゃぁ直接VTを買えばいいんじゃね?との批判にもさらされやすい構成です。

VTというのはバンガードが販売する全世界株式ETFで、ETFならコレと言われるぐらい有名なものです。


楽天・全世界株式インデックス・ファンドの経費率をざっくりいえば、VT自体が年0.10%程度、ファンド本体が年0.1296%ですから、両者合わせて年0.2296%とされています。

うーん、投資対象のETF(VT)よりも本体コストが高く、微妙な感じではありますね…。

でもまぁ、こちらも一般的に見れば経費率は低いほうですし、海外ETFの直接買いはそれなりにハードルが高い人も多いでしょうから、存在価値はもちろんあります。


僕はこの2つに投票しましたが、どちらに何ポイント入れたかは秘密です。(一人持ち点5ポイント)


というか、そもそも僕が投信ブロガーと認定されているかどうかすら、怪しいですね…普段、投資と関係ないこともいっぱい書くので。苦笑

FOYの運営の皆様、もし僕が投信ブロガーでない場合は、遠慮なく言ってくださいね。次からはお手を煩わせることはしませんので…


以上、FOY2018投票の簡単なご報告でした。


SBI証券iDeCoセレクトプランに動きが!


こちらでSBI証券のiDeCo、セレクトプランへの移管手続きを実況中継中です。

SBI証券iDeCo「セレクトプラン」へ移管手続きの流れを実況中継します



先日、iDeCoの申込書が届きました!

申込日から8日後に到着したようです。

続きは上記記事でご覧ください!

記事の完成は来年です。笑


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



プロフィール

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

資産構築メルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧