ビットコインに関するお問合わせが増加。危険性、投資法、取引法について。

ビットコインに関する情報発信は
敢えて避けてきたんですが、
ちょっと問い合わせが増えてきましたので、

ここでまとめて回答してみたいと思います。


ビットコインの危険性?


今までビットコインに関しては
意図的に避けてきたというか
そんなにメインでやってたわけではないので、
僕自身勉強がてら、という感じでした。

今まで書いた記事もこれ一つですからね。

怪しい話に騙されないための、ビットコイン初心者まとめ




でも、ほとんど情報発信してないにもかかわらず
例えばとある読者さんからは、

ビットコインの投資は危険性がありますか?


というようなご質問がありました。

他にも似たようなご質問を、
いくつか頂いています。

というわけで、ちょっとビットコインについても
無勉強というわけにいかなくなってきたので
僕も学びながら回答してみたいと思います。


さて、危険性=リスクとみなすなら
ビットコインに限らずどんな資産であっても
大なり小なりリスクはあります。

恐らく、上のご質問はリスクが大きいかどうかを
問うたのだと思いますが、大きいか小さいかで言えば
ビットコインのリスクは今間違いなく大きいです。


ビットコインのリスクとデメリット


ビットコインのリスクやデメリットについて
簡単にまとめておきます。

ビットコインの値動きリスク


ビットコインに限らず、どんな資産であれ
上げ続ける相場はありません。

爆上げしたあとは、
暴落の可能性も当然ありますから
値動きリスクは相当高まっているといえるでしょう。


さらにビットコインには
物理的な資産の裏付けが無いため
価値がゼロになることも十分ありえます。

ビットコインの場合は技術的な裏付けと、
利便性が奏功して利用が広まったわけです。

ですので何らかの事情で技術的に問題が発生するか、
あるいは使われなくなった時点で
資産価値がゼロとなる可能性はありそうです。

特に最近ではビットコイン以外の仮想通貨、
イーサリアムやリップル、ライトコインなどの
いわゆる「アルトコイン」も増えましたし
ビットコインが分裂するなんて騒ぎもありました。
(今はビットコインとビットコインキャッシュがあります)


まぁ、完全にゼロになる可能性は低いとしても
現状がバブルということであれば、
価格が10分の1とか、100分の1とかに暴落する可能性は
十分警戒しておいていいんじゃないでしょうか。


というわけで、世の中には
ビットコインに否定的な見解も当然あります。

ビットコイン1万ドル台に、既存市場揺るがす恐れも(ニッセイ基礎研)

どうぞお気をつけを。


ビットコイン取引所には、資産保全の仕組みがない


値動きとは別に、資産保全の仕組みが
整備されていないという課題もあります。

株式やFXなど、既にある程度の歴史があるものは
「信託保全」といって、取引業者が倒産等しても
顧客の資産は別途保全されるという仕組みが
整備されています。

例えば、あなたが使っている証券会社が倒産しても、
あなたが所有する投資信託はそのままきちんと保全されます。

(投資信託には、さらにガチガチに
資産を守る仕組みが入っています)


ですがビットコインはそうなっていません。


よく「分別管理」されているから大丈夫、
などと勘違いされますが、分別管理というのは
顧客と取引所の事業資金を分けて管理しているに過ぎず、
取引所が倒産等したときに顧客の資金が保全されることを
保証しているわけではありません。

というか、別々に管理するなんてことは、
わざわざ言うまでもなく当たり前の事ですよね…。

ですので、ビットコイン取引所が倒産したら、
顧客のビットコインが必ずしも保全されるとは
限らないのです。



今でも係争中のようですが、
マウントゴックス社の倒産&ビットコイン紛失事件は
記憶に新しいことと思います。


こういうことは、株やFXの証券会社では
起こらないんですよね。


ビットコインには有事の金と似たような性質もあることから、
多少の分散効果は期待できるかもしれません。

ただし、上記のような状況であることから
大きな現金(円)を突っ込むようなことは
避けるのが無難です。


ビットコインはまだまだ「黎明期」なんですよ。


ビットコインからどんな利益を得るか?


ちょっと怖いことばかりお話しましたが、
それでもリスクを承知で貪欲に投資したり、
何かを学びたい、という人は多いことでしょう。

なんせ、バリバリインデックス投資の僕のところへすら
ビットコインの質問が舞い込んでくるぐらいですから…


そこで、一つだけお勧めなのは

「ビットコインを使ってバブルの疑似体験をしてみる」

ということです。


バブル経験世代はいざしらず、
バブルなんてもう20年ぐらい前のことですから、
その当時社会人だった今40代前半以下の人は
バブルの経験が全くありません。

最近では株式の値動きもそれほど荒くなく、
ビットコインみたいに値動きの荒い商品は
ある意味いい勉強材料なんじゃないでしょうかね。

1万円から10万円ぐらいの少額の範囲であれば、
ビットコインで遊んでも家計に支障を
きたすことはないでしょう。

多少なりとも現金を投入していれば
本気でビットコインの値動きを追うようになりますしね。


ということで、学びととらえて
やってみるのはいいと思います。


ただしここで重要なのは、ビットコインが爆上げ、
暴落したときの自分の心理状態と実際の売買を
どこかに書き留めておくことです。



「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言われるほど、
人間というのは忘れやすい生き物。

ですから、お金を使って貴重な経験をしたら、
それを詳細に記録し、後から見返すことが
何より大切なんですよね。


ビットコインではありませんが、僕も昔、
株やFXでさんざんこれをやりました。

逆に記録を取らずに、同じ失敗を繰り返す、
なんていうお決まりの失態も当然経験済みです(苦笑)

その昔、人前では言えないぐらいのお金を溶かしてしまって
ようやくこの記録の重要性に気づいたんですが
あなたはそんな失敗を繰り返すべきではありません。

最初から記録をとって、
しっかりと振り返ってくださいね。

  • なぜこの値動きのときに、購入したのか?

  • なぜ暴落したときに、売却したのか?

  • あるいはその逆なのか?

しつこいぐらいに、記録しておくといいでしょう。

あなたの行動記録を振り返ることで、
ようやく自分の「心のクセ」を客観的に
分析することが可能になりますので。

そうしたクセをしっかり掴んでおけば、
株式投資、インデックス投資などにも
長期的に良い効果をもたらす可能性があります。

それが本当に投資効果の高い
リターンだと思います。


もうお気づきかもしれませんが、
僕はこういうリスキーな投資や投機は
大好きですでした。笑

でもそこから学んだ結果、
今があるというわけです。


ビットコインの投資法


と言って実際にビットコインを購入したあと、
単に眺めるだけでも面白くありません。

せっかくですから、
多少投資法についても考えてみましょう。

ビットコインみたいに値動きの荒いものは、
少し投資して、倍になったら半分(元本分)を現金化しておく。
というのがよくある方法です。

投資法と偉そうに言えるような方法でもないですが
実現したらと考えれば面白いですよね。

これをやるなら、最初に購入した後は
少なくとも2倍以上になるまで放置です。

1万円でビットコインを購入したら、
最低2万円になるまで我慢する。

時間分散とか全然無視。

かなりリスクの大きい方法ですよね(笑)

その代わり、あなたの心理状況が丸裸になりますので
学ぶ狙いにはピッタリなわけです。


例えば僕も、今年の4月ぐらいに
購入したビットコインがあります。

このときは特に投資や投機を考えていたわけではなくて
純粋にビットコインについてもそろそろ調べないとなぁ
と思って少額をテストで購入していたものです。

気がついたら6、7倍ぐらい?になってましたので、
元本分+αだけ円に戻しておきました。



こうしておけば、最悪ビットコインの価値がゼロになっても
もう損は無いですから、あとは悠々と放置しておけば
いいわけですよね。


ただしこれを狙いすぎると、当然元本を
まるまる溶かしてしまう可能性もあるので、
注意が必要です。(遠い目…)

僕も今回は単に運が良かったに過ぎず、たまたま
小さな宝くじが当たったようなものでしょう。

ビットコインが逆方向に値が動いていれば
ほとんどゼロになってしまうということも
当然あり得たわけですからね。


決して、自分は値動きが読める!
なんて思わないのが身のためです。


だからやるにしても、あくまでも
ビットコインの価値がゼロになって
最悪資金を溶かしても大丈夫な範囲内で
何でも学びと思って楽しくやることをお勧めしますね。

一般的な感覚で言えば数万円とか
大きくてもせいぜい10万円ぐらいまで
じゃないでしょうか。

このあたりはご自身で決めてください。


ビットコインの実際の取引


実際にビットコインを購入するには、
ビットコイン取引所でビットコインを買います。

例えば僕が使っている取引所では



こんな感じでビットコインの数量を指定し、
「コインを買う」ボタンを押せばOKです。

取引自体は、超簡単ですね。

BTCというのはビットコインの単位で、
現在1BTCが200万円以上ぐらいの価格で
取引されています。

「高額の円資金が必要なの!?」

と思われるかもしれませんが
そんなことは全然無く
購入単位も0.000001BTCであれば
日本円で2円からになります。

実際に、こんな感じで
小さな単位で売買できますね。



なお、ビットコインのように取引が活発な仮想通貨は
「販売所」と「取引所」の2ヶ所経由で売買が可能です。

通常時であれば取引所の方が売買価格差が小さいようで、
流動性が安定している時であれば取引所の方が
お得に売買できる可能性が高いです。

まぁ、少額であればどちらもそれほど差は無く、
あまり気にする必要は無いかもしれませんが。


もちろんどんな投資法であれリスクはありますし
将来は誰にも予言できませんから、
あくまでもご自身の責任で行ってください。

一番いいのは、何でも学びだと思って
どう転んでも楽しめる範囲内でやることでしょうね。



そうすれば、仮に損失になったとしても
少なくとも「学び」という果実は得られますので。


僕がメインで使っているビットコイン取引所です。
取引所は他にもありますが、ご参考まで。

もちろんここが安全だということを保証するわけではなく、
あくまでも自己責任でお願いします。




ps.

ちょっと書くつもりが、結局長くなってしまった(苦笑)


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。




ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 3,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント