知っておこう!「どうしてマイナス金利で債権価格が急騰するんですか?」

日銀がマイナス金利政策を発表してから、
2週間ほどが経ちました。


様々な解説記事やアナリスト予測が
取り上げられていますが、
今日は基本に立ち返って


「なんでマイナス金利になったら、
債券価格が急騰するんですか?」



という疑問にお答えしてみようと思います。



マイナス金利で債権価格が上昇する仕組み


固定金利の債権(確定利付債)は、
発行時に金利の支払いが決まっているため、
現在の利回りを反映させるためには
「現在の価格」で調整するしかありません。

※現在の価格をその時の価格という意味で「時価」と言います。

時価とは、現在市場で取引されている価格のことで、
これが債権のリスクと現在の利回りからみた
取引時点での合理的な価格とみなされています。


ではこの「合理的な価格」とは
どういう価格でしょうか?


その前に、まず債権の基本から
理解する必要があります。

1年で1%の利息が付く、1年で償還する債権があるとします。

発行時と償還時の債権価格、利息1%の場合

発行時価格が100円、償還時も100円で
それに利息分1円が付きますから
償還時はあわせて101円となります。


では次に、発行直後に同様の債権の利息が
0%になってしまったとしましょう。

どういうことが起きるかというと、
既に発行されている債権(これを既発債といいます)は
利回りが1%もありますから、

「なんとか譲ってくれ!」

という人が増え、既発債に買いが殺到します。

そうなると、既発債の時価が一気に上昇し、
結局利回りが0%になるまで上昇します。

利回りが0%になるということは、
償還時価格と同じ、つまり、
101円まで上昇するということです。

発行時と時価、償還時の債権価格、利息0%となった

ここまで理解できれば、
あとはもう少し。

では、利息がマイナス2%となってしまったら、
どうなるでしょうか。

上と同じ理由で既発債の価格は上昇し、
既発債の利回りはマイナス2%となります。


発行時と時価、償還時の債権価格、利息-2%となった

ただしちょっとややこしいのは、
時価はマイナス2%にした後に101円となる元の価格
つまり 103.1円 という中途半端な価格になります。

103.1円 x (100-2) ÷ 100 = 101円

ですね。


以上の話は、1年後に償還するという前提でしたが、
実際の償還時期はばらばらです。

償還までの期間が1年以上ある場合は、
どうなるでしょうか。


最も単純には、償還まで◯◯年あれば、
1年後の場合の◯◯倍となります。

償還まで10年なら、10倍ですね。

上の図で説明すれば、オレンジの三角形の形は変えずに
サイズだけ変わると思えば理解しやすいと思います。


日銀からマイナス金利が発表された直後に
国内債権インデックスが急騰したのは、
このような理由からです。


実際にはもう少し複雑な理屈や理由で価格が決まるはずですが、
個人投資家がそこまで理解する必要はないと思います。


上のイメージがつかめていれば
とりあえず十分でしょう。




マイナス金利で買い手がつくのはおかしいのでは?

金利がマイナスになれば理屈上、
債券価格が上昇することは分かりました。

そして一時的にであれ長期国債の金利がマイナスとなったように、
実際にマイナス金利圏内で売買が成立しています。

でも落ち着いて考えてみると


「買えば損をする商品を、あえて買う人って…誰?」


という、素朴な疑問が残ります。


マイナス金利なわけですから、
満期まで持つと必ず損をします。


大金持ちの道楽じゃないんですから、
普通、損をすることが「確定している」
商品なんて、誰も買いませんよね。



そこは実はからくりがあって、
マイナス金利で買った国債を満期まで持たずに
誰かに売る(※)わけですね。

※ このときの利回りを「所有期間利回り」と言います。


売るときに債券価格が上昇(金利は下落)していれば、
利益が出るのでそれをあてに敢えてマイナス金利の
国債を買う。



ということは、日銀のマイナス金利政策が
さらに進むと読んだ人(機関)がいた、
というわけですね。


これで、実際に長期国債がマイナス金利で
取引された理由が理解できました。




マイナス金利は続くの?続かないの?

「マイナス金利は異常事態」

「マイナス金利は鏡の世界」


といわれていて、現状では
一過性のものと認識されています。


マイナス金利が一過性なのか今後常態化するのか
僕は予測することはしませんが、
常態化するとすれば、
それは一体どんな世界なのでしょうか。


続きはこちらからお読み下さい。



マイナス金利関連の記事



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧