SBI証券iDeCo「セレクトプラン」へ移管手続きの流れを実況中継します

SBI証券iDeCo

こんにちは、林です。

iDeCoはSBI証券のオリジナルプランで既に運用していますが、「セレクトプラン」の登場により状況が変わってきました。今回、オリジナルプランからセレクトプランへ移管してみたいと思います。

僕自身、iDeCoの運用歴は会社員時代も含めると10年ぐらいと結構長い方だと思いますが、自らの意思で移管作業をするのはこれが初めてです。

なかなかiDeCoを移管する機会は少ないですし、せっかくなので流れを追って公開すれば情報源として役に立つかもしれません。

ということでこの記事では、セレクトプランへの移管完了までの顛末を実況中継していきたいと思います。

随時新しい記事として投稿していく方法もありますが(というかそれが一般的?)、それだといちいち別記事にジャンブしなければならず、全体の流れを読みにくくなると思います。そこで、この1記事にどんどん追記・編集していく方法でやってみることにしました。

こういう記事の書き方は今までやったことがないですが、その他の新着記事またはメルマガで本記事の更新をお知らせします。



SBI証券のオリジナルプランからセレクトプランへの移管


実況中継の前に、SBI証券のiDeCoセレクトプランへの移管に関しておさらいしておきますね。

ちなみに以下は「iDeCo新規加入」または「他社からの移管」の場合に使う資料の申請ページとなります。

SBI証券 iDeCo申し込み

セレクトプランへ移管する理由と動機


上記の通りSBI証券にはオリジナルプランとセレクトプランの2つから選べるわけですが、セレクトプランの方が後からできたものですから概して低コストですし、(個人的に)魅力的な商品がラインナップされているように感じます。

2つのプランの商品比較はこちらの記事も参考にしてください。

SBI証券のiDeCo「セレクトプラン」が11月から選択可能に!オリジナルプランとの違いは?



その前に、そもそもiDeCoってなに?っていう方は、こちらの記事もお勧めです。

iDeCo(個人型DC)、つみたてNISA、ジュニアNISA。一体何が、どう違うの!?まとめと各制度の活用法。




もちろんオリジナルプランも悪くはないのですが、今後のことを考えるとセレクトプランへ移管しておいた方が良いだろうと判断しました。

ただ、移管には時間(2ヶ月ぐらい?)とコスト(手数料および機会費用)がかかります。

必ずしも移管すべきかどうかは個々の投資家の判断によると思います。

僕の場合は、ブログのネタにもなるという動機も加わっていますから実際に判断される場合はそのへんも考慮くださいませ。


移管にかかる手数料とコスト


SBI証券が発行しているSBI証券 iDeCo必要諸経費によれば他確定拠出年金へ移管または他の運営管理機関へ変更する者に4,320円の手数料が発生するとあります。

このオリジナルプランからセレクトプランへの移管は「他確定拠出年金へ移管」に該当するはずですので、この移管手数料が徴収される予定です。今後、どのタイミングで徴収されるかなどにも注目してみます。


また、目に見えないコストとして「機会費用」があります。

機会費用という言葉を聞いたことがない方も多いかもしれませんが、投資をする上で欠かせない概念です。要は「投資をしていたらもらえたであろう利益を取り逃す」コストを機会費用というんですね。

iDeCoで投資をする場合、リスクもありますがリターンも見込めるわけで、移管手続き中は投資がストップすることによる機会費用が発生する可能性があります。

もちろんこれは必ず発生する費用ではなくて「期待値」みたいなものですし、そもそもiDeCoでは定期預金しかしないということであればほとんど気にする必要のないコストです。が、こういう見えないコストも存在することは必ず覚えておいてください。


SBI証券のiDeCo「セレクトプラン」の資料請求(2018/11/2開始)


iDeCoの商品数上限35本という限界を突破するためSBI証券が新たに「セレクトプラン」を始めています。

これでオリジナルプランとセレクトプラン合わせて数字上では70本となりますね。


セレクトプランの資料請求受付開始は11月1日夕刻から予定されています。

※セレクトプランでのお申し込み、プラン変更をご希望の場合は、2018年11月1日夕刻(予定)以降に資料請求フォームからご請求いただいた書面にてお申込ください。(オリジナルプランとセレクトプランではお申し込みいただく際の書面が異なります。)現在お申込手続き中のお客さまは、オリジナルプランでのお申し込みとなります。手続き完了後(当社よりご案内いたしますID・パスワードを受領後)にプラン変更をお申し込みください。
なお、プラン変更にあたっては、現在加入または運用指図いただいているプランの資産を全売却し現金化した上で、資産の移換を行います。資産の移換には2~3カ月程度を要する予定です。詳しくは、プラン変更時に当社からお送りする資料をご確認ください。

iDeCo新プラン設定のお知らせ(SBI証券)より



資料請求申し込みはこちらのページからできます。ただし、移管元(現在の運営管理機関)によって請求すべき資料が異なるのでご注意ください。(としさん、コメント欄でのご指摘ありがとうございます!)

他社(SBI証券以外)のiDeCoからセレクトプランへ申し込む場合

SBI証券iDeCo
11月1日になっても画面の変化が分からなかったので、本当にここから申し込んで良いのかな?と不安になったのですが、同ページの下方にある「SBI証券iDeCo運用商品一覧」PDFにセレクトプランとオリジナルプランの両方の説明がありました。

ということで、ここから実際にセレクトプランの資料請求をしました。

資料請求の入力中に、こちらのような選択画面が出てきます。

SBI証券iDeCo 資料請求ページ

これで、オリジナルプランかセレクトプランかを選択していずれかの資料を請求する方法みたいですね。

セレクトプランを上に持ってきているあたりSBI証券としてもセレクトプランに申し込んで欲しいという意思の現れだと思うのは考えすぎでしょうか…。

またその直下に、こちらのような設問が出てきました。

SBI証券iDeCo 資料請求画面2
これは僕の場合の回答(自営業で、オリジナルプランで掛金かけている)ですのであくまで参考ですが。

最後に入力内容を確認して資料請求の申し込みが完了しました。

SBI証券iDeCo 資料請求完了

SBI証券のオリジナルプランからセレクトプラン(またはその逆)へのプラン変更

SBI証券セレクトプランとオリジナルプランの変更
SBI証券のオリジナルプランからセレクトプランへ変更される場合は、上記画面の「プラン変更」リンクから、資料請求後、手続きしましょう。

リンクをクリックするとこちらの画面が出てきます。

SBI証券iDeCoプラン変更手続き
「プラン変更届」にチェックを入れ、あとはフォームにしたがって手続きをしてください。


僕はてっきり上の書類でいくものだと思ってましたので、危うく間違えて提出するところでした。

ご指摘いただいた、としさん、ありがとうございます。



【他社からの移管】SBI証券iDeCoセレクトプランの申し込み資料到着(2018年11月10日到着)


(11月15日追記)
なお、この項は他社からSBI証券のiDeCoへ移管する場合の手続きになります。

最初、この手続きでいいかと思っていたのですが、SBI証券のオリジナルプランからのプラン変更は、申請書類が異なりますのでご注意ください。

ということで実は僕には関係ない書類だったのですが、ブログ向けに画像も取れたのである意味間違って取り寄せて良かったのかもしれません。笑

だってねー、申込みページには何も書いてないんですよ…。「オリジナルプランからの変更はこちら」とか、一言でも書いてくれればねぇ…。

これは間違っている人も、結構いるかも。

まぁ、別になにか損失が出るわけではないので構わないのですが、余計な手間にはなっちゃいますね…。


(ここからは11月13日に追記)
ちょっとバタバタしてて確認が遅れてしまったのですが、11月10日にSBI証券iDeCoセレクトプランの資料が到着してたようです。

申し込んだのが11月2日でしたので、8日後に郵送されてきた計算ですね。いつものSBI証券ならもう少し早くてもいい気もしますが、まぁ始まったばかりですし申し込みが集中でもしたのでしょうか。

SBI証券からこちらの書類が届きました。

SBI証券iDeCoセレクトプラン資料封筒

中にはこちらの3つが入ってます。

SBI証券iDeCoセレクトプラン資料

一番左が申込書、中央がiDeCoのパンフレット、一番右が返信用封筒ですね。

申込書が一番気になりますよね。せっかくなので少し詳しく見ていきます。

最初のページはこんな感じで、手続きの進め方について詳しく書かれています。

SBI証券iDeCo申込書
これによれば、3つの提出書類

  • ①加入者等運営管理機関変更届

  • ②確認書

  • ③本人確認書類

を返信用封筒に入れて送ればいいようです。

次のページからこれら提出書類が続きます。

加入者等運営管理機関変更届

加入者等運営管理機関変更届
(クリックで拡大)

赤枠内を埋めてとのことですが、「変更前」欄に何を書いたらいいかが分かりません。

僕の場合はSBI証券のSBI証券iDeCoのオリジナルプランからセレクトプランへの変更ですので、常識的に考えれば「株式会社SBI証券」と「SBIベネフィット・システムズ株式会社」となります。

でも藪蛇になってもイヤなので、書かないで提出することにしました。だって、「不明な場合は空欄でも可」ってはっきり書いてあるし。

じゃぁなんでわざわざこんな欄作るんだよ…っていうツッコミが聞こえてきそうですが。何か大人の事情があるのかもしれません。笑

ちなみに記入欄にある基礎年金番号の調べ方ですが、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

年金定期便の見方「基礎年金番号」について



この機会に一度、ご自身の基礎年金番号を調べておきましょう。年金関連の手続きに必ず必要になる番号です。

では次、確認書。


確認書

確認書
(クリックで拡大)


なんでもない、よくある確認書ですが、1点他の金融機関とは異なる部分がありました。

SBI証券からの確認事項の最後に

(12)当社iDeCoではお客様に運用商品の異なる2つのプランをご提供します。


とあります。

はい。もちろん承知しておりますよ。というかそれが狙い。

こちらもサクッと記入を済ませ、次。本人確認書類いきましょう。


本人確認書類

本人確認書類
(クリックで拡大)


本人確認書類は

  • 運転免許証(表裏面)コピー

  • 各種健康保険証(表裏面)コピー

のいずれか一つと指定されています。一般的な書類ですから、楽勝でしょう。

上記以外では印鑑登録証明書や在留証明書(いずれも発行後3ヶ月以内のコピー)も受け付けてもらえ、それ以外の本人確認書類についても事前に問い合わせればいける可能性があるみたいです。

ということで僕は運転免許証のコピーを添付して完了。

以上3点をミシン目から切り取り、返信用封筒に入れて返送すれば移管手続きが始まります。

返信用封筒にiDeCo移管の書類


はず。笑

次のステップは「SBI証券よりID及びパスワードのお知らせ」が届くことになっています。


iDeCoの移管完了までどれぐらいかかる?


1から3ヶ月かかりますとのことですが、具体的な数字が記載されていました。SBI証券が書類を受領するタイミングによって2パターンあるようで

  • 毎月1〜5日までに受領 → 書類受領月の翌月中旬頃にID、パスワード発送

  • 毎月6日以降月末までに受領 → 書類受領月の翌々月中旬頃にID、パスワード発送

ということのようです。

例えば僕のタイミングならこの部分の執筆時点で11月13日ですから、後者のパターンですかね。

となると、SBI証券からIDとパスワードが届くのは翌々月中旬頃、すなわち来年2019年1月の中旬頃になりそうです。

掛け金の引き落としタイミングはID、パスワードを受け取った月の26日だそうですから、これも1月26日からとなる予定。

うーん、たしかに11月2日から数えて約3ヶ月後ですね。


手続きの流れはだいたい分かりましたが、もう一つ気になるのは現在資産の運用がいつストップして、いつ再開するのか?ということでしょう。

オリジナルプランからセレクトプランへ移行される方はここが気になるところだと思います。

これに関しては別便で国民年金基金連合会から各種通知書が届くとのことですので、知らせを待つことにします!

僕は次のSBI証券内でのプラン切り替えですので、資料請求からやり直しました。

他社(SBI証券以外)のiDeCoからの移管の場合は、上の資料でOKです。


【SBI証券内での変更】オリジナルプランからセレクトプランへ


僕はこちらに該当します。

11月15日に資料請求して、現在到着待ちです。




続きは随時更新します!


…ということで、iDeCo移管の実況中継、まだまだ続きます。

記事が完成するのは2019年に入ってからですね…

セレクトプランがどんな感じなのか、今からワクワクです。

更新したら、新着記事またはメルマガでお知らせいたしますね。


あ、もちろんiDeCoに新規申し込みの方は、オリジナルプランとセレクトプランのどちらかを選べます。必ずオリジナルプランから移管しないといけない、ということではありませんのでご安心ください。


では引き続きよろしくお願いいたします!



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントは2件です

  1. としさん より:

    林先生、こんにちは。いつもメルマガを拝見しています。
    私もSBIのiDecoをオリジナルからセレクトに切り替える手続きをしているのですが、受け取った封筒の色や提出書類が先生と違ったので、アレっと思って確認してみました。

    どうやら、先生は他社からの新規加入手続きの導線から手続きされているのではないでしょうか。

    こちらのURLにプラン切り替え申込書の請求ページへのリンクがあります。
    https://site0.sbisec.co.jp/marble/multiget/rightmenu/visitor.do?Param10=search_dc&Param9=dc_flow_01.html&Param8=flow&Param7=dc&Param6=dc.flow#plan_change

    この導線をたどると、住所、氏名、連絡先、基礎年金番号を入力するフォームに誘導され、ピンク色の封筒とプラン変更申請書というのが送付されます。本人確認書類の提出用紙も特になかったように思います。現在、プラン変更申請書を送付して手続きの進行を待っている状況です。

    手続きが変更されたのかもしれませんが、気になりましたので。

    これから年末に向けて寒くなりますので、おからだにお気を付けくださいませ。

    • より:

      としさん

      >どうやら、先生は他社からの新規加入手続きの導線から手続きされているのではないでしょうか。

      なんと、ご丁寧にご指摘いただき、ありがとうございます!

      てっきり、この方法で良いかと思いこんでいたのですが、ご指摘先のページを確認すると、確かにこちらの方が正しい書類のようですね。

      記事は実況中継のスタイルで作ってますので、削除せず、訂正しながら進めさせていただきます。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧