レシート読み込みアプリ「レシレコ(ReceReco)」と無料家計簿のマネーフォワードを上手に連携したい。

無料家計簿クラウドサービスにマネーフォワードがありますが、
最近利用者が拡大していて、例にもれず僕も活用しています。

マネーフォワードの最大の特徴は金融機関と連携し
お金の流れをほぼ自動で追跡できる点にあります。

ただ、自前の財布の出金履歴までは
さすがに自動で追跡できません。

そこで買い物した時にもらえる「レシート」を読み込む
スマホアプリ「レシレコ(ReceReco)」と連携し
そのデータを取り込める仕組みになっています。


どこまで便利なのか?
どこまで便利に使えるのか?

検証してみました。



レシレコ(ReceReco)の使い方

レシレコはスマホからレシートを撮影し、
自動認識するアプリで、マネーフォワードと連携できます。


無料でダウンロードできますので
まずは使ってみるのが早いです。

使い方は簡単で、レシレコを起動し、
レシートをカメラで撮影すれば自動で認識してくれます。

Screenshot_2014-10-22-11-00-29
Screenshot_2014-10-22-11-01-47

こちらが自動認識した結果。

Screenshot_2014-10-22-11-32-13

惜しい!アキタコマ「テ」になってしまいましたw
まぁこれぐらいは許容範囲なので、
名前はそのままにして費目を編集します。

Screenshot_2014-10-22-11-32-21

費目をタップして、正しい費目を入力して保存します。

Screenshot_2014-10-22-11-03-27

これで編集完了。
最後に保存ボタンを押してメニューに戻ります。

費目の設定のためのタップが多く、やや面倒に感じますが
いちいちPCを立ちあげなくてイイというのはメリットかもしれません。


さて、肝心の認識率ですが
残念ながらお世辞にも高いとはいえません。

例えば全国展開しているヤマダデンキのレシートを認識させたところ、
こちらのような結果に。

Screenshot_2014-10-22-11-07-41

正直、これなら一般的なOCRレベル。
ちょっと厳しいですが、毎回この調子だと
使う気になれません(苦笑)

レシレコオフィシャルの「撮影のコツ」でも
まず最初に認識しやすいコンビニのレシートから始めよう
って書かれています。

これもちょっとレシレコ側の言い訳っぽく聞こえますが
まぁ、レシートの形式が決まっているわけではないので
結構、認識は難しいのかもしれません。


僕は認識させてみてうまくいったら採用する、
ぐらいのアバウトな使い方をしています。


ただ、こうした小銭系決済を管理したい
というニーズは高いと思います。
家計管理をするのに、一番面倒なところですからね。


レシートの認識が難しそうだということで、
今後の本命はやっぱり電子マネーかな、と思います。

例えば以前
マネーフォワードでSMART ICOCAと連携したい方へご提案。
で書いたように、こうしたネット上で履歴を閲覧できるタイプの
電子マネーと連携できたら最強ですね。
(でも残念ながらまだ連携できないようです orz )



レシレコとマネーフォワードとの上手な連携方法

これからは電子マネー!だとは言え、
まだまだレシート文化が健在なのも事実。

レシレコとマネーフォワードの連携はこちらの記事
マネーフォワードを便利に使いこなすために知っておきたいワザ3
でも紹介しましたが、レシレコとマネーフォワードを上手に連携できないか、
もう少し踏み込んでみることにします。


マネーフォワードとレシレコを連携する方法は


  • 店舗名から取り込む(レシート1枚を1件として取り込む)
  • 品目から取り込む(レシートの明細単位で取り込む)

の2通りあって、こんな感じで最初に選べます。

2014-10-22 13.06.33

選び方を間違っても、再連携すれば選び直せるので、
とりあえずどちらかを選んでも構いません。


オススメは「品目から取り込む」です。

というのも、店舗名から取り込む場合、
上で書いたように認識率の低さもあって、
自分でマネーフォワードに手入力するほうが早いからです。

で、品目から取り込む場合、
レシレコでちまちま設定した費目が反映されるので、
あとは放置プレイでほぼ正確な家計管理ができることになります。


そうやっておいて、レシート全体の費目が同じ場合
例えばレシート全部が「食費」のような場合は
マネーフォワードに手入力するのが手っ取り早いです。

2014-10-22 13.22.16



あともう少し!

マネーフォワードに手入力が早い!
と思いましたが、こちらの方法を使えば
店舗名から取り込む形でも
レシレコが便利に使えるかもしれません。


レシレコ 編集ボタン

レシレコ 費目編集ボタン

レシレコ 費目選択

これで費目の一括設定ができました。


スーパーなどは、だいたい「食料品」で
OKだと思うので、これで十分です。


あと、もう少し欲を言えば、
費目のデフォルト設定ができるといいなぁ…
と思いますね。





ツールは便利に使ってナンボ。

上手に使いこなしてください!



マネーフォワードそのものリスクについてはこちらの記事


に詳細がありますので、あわせて参考にしてください。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧