保険のかけ過ぎでライフプランが破綻する人。

林FP事務所では、保険や証券を「一切売らない」
ライフプランサービスをご提供していますが
僕のお客様で多いパターンの人。

その傾向についてちょっとお話いたします。


それ、保険のかけ過ぎじゃないですか!?


開業当初から多く
今でもダントツに多いのが
「保険の見直し」です。

保険の見直しって保険証券だけ見て
ハイハイとアドバイスできるようなものではなく
しっかりとライフプランを見通した上で
戦略的に取捨選択する必要があります。

で僕の所に来られる方で比較的多いのが

それ、保険を掛けすぎてませんか?

という方です。

もちろんライフプランをお作りしてから
総合的に判断するわけですが
パッと見て「こりゃ多すぎ…」というレベルの方も
しばしばおられます。


「夫婦で終身医療保険」

「夫婦で終身がん保険」

「夫婦で個人年金保険」

「夫婦で変額年金保険」

「全ての子供に学資保険」




保険屋さんでしょうか?
っていうぐらい、多い。


多分、保険の担当者に
「あれもこれもお勧めですよ」
って、そのまま契約されたんでしょうけど
結局違和感があって僕のところに
ご相談に来られるという。


確かに個人年金や変額保険は
「お金が戻ってくる」保険ですから
投資と捉えればいいという考えもあります。

ありますけど
その考えだけで契約してたら
それはちょっと甘いですね。


もう何度も何度も何度も
ブログとメルマガで訴え続けてきたことですが
ぶっちゃけて言ってしまえば
保険や投資で人生なんとかなるなら
みんな苦労しませんて(苦笑)


仮に保険で少しでも資産を増やしたいと思うなら

  • 変額保険はコスト高。基本、検討しない。

  • 個人年金はこの先、予定利率以下のインフレが満期まで続き

  • かつ満期まで保険料を継続して払い続けられる確信がある場合のみ検討

です。

この条件、しっかり満たせてますか?

…満たせてるかどうかすら
分からないんですよね…。

変額保険はそもそも別として
例えば個人年金。

個人年金の利率は保険料と満期金で決まりますから
その利回りが今後のインフレ率よりも高ければ
有利という判断が出来ます。

でもそこは誰にも分からないわけです。

だからまずここがリスクになります。

まぁ投資ですからリスクは承知で
トライするとしても、もう一つの問題である
「満期まで拠出しきれるかどうか」です。

大抵の個人年金は満期到達前に解約すると
解約控除が差し引かれてマイナスになります。

保険というのはこういうもんなので仕方がない面はありますが
ちゃんとライフプランを設計しておけば
事前に回避しやすいリスクでもあるんです。


確かにライフプランといっても
先の長い話ですから、プラン変更となる
リスクだってありえます。

でも少なくとも契約時点で
そのリスクぐらいは排除しておかないと
いけないですよね。


で、なんでそれすらやらずに
個人年金なんて契約するんでしょうか。

「いや保険会社や保険代理店の担当者に
ライフプランは見てもらった!」

とおっしゃるかもしれません。


でも、じゃぁなんで僕のところに
満期まで耐えられないライフプランの人が
こんなにご相談に来るんでしょうか…?


それは裏を返せば、そもそも保険販売の現場では
しっかりしたライフプランを作ってない
ということではないでしょうかね。


例えば僕がライフプランを作る場合
ヒアリングからコンサルティングまで
10時間以上かけて作りあげていきます。

10時間以上というのは単なる実働時間で
お客様との途中のやりとりの時間を含めたら
何日もかかるのが普通です。

もちろん個人個人で数字も全然違いますし
間違えないようにかなりの神経を使います。


正直、大変手間のかかるサービスですが
ライフプランという大切な「人生の設計図」ですから
それぐらいするのは「当たり前」と思ってやってますけど
その当たり前すら出来てないってことなんでしょうかね。


あなたが作ってもらったライフプランは
いったいどれぐらいのヒアリングをされて
どれぐらいの時間で出てきたんでしょうか…?


ってことです。


それなのに、あなたの大切なお金を
何百万円、場合によっては何千万円も
出すのはちょっと「変」だとは思いませんか。


悪いこといいませんから
しっかりライフプランを立てて
ご自身の人生を真剣に見つめてください。


別にライフプランを絶対作らなきゃ
いけないわけではないですし
必ず僕に依頼しろと言っているわけではありません。

しっかりした(保険や証券を売らない)FP事務所に
相談すればいいと思いますし、
作りたくなければ無理に作る必要はありません。

でも作らないなら
今後どこにリスクがあるか分からないですから
余計なリスクは取らず、
とにかく「安全サイド」で生活することです。

それなら保険や投資なんて冒険は
やめればいいだけの話です。

長生きリスクも考えて
ただひたすら限界まで
貯蓄に励めばいいでしょう。

簡単な話です。


人生の「お金の改善」に必要なのは

1に節約、2に収入。

この二つがしっかりできて
ようやく「3に資産活用」です。

先に保険や投資を検討するのは
順序がバラバラなんですね。

それはあたかも、
土地を見ずに建物の構想ばかり
するようなものです。

それで立派な家が出来るはずがありません。


ライフプランも家計も検討せずに
保険ばかり見ている人は

例えば「床材」だけでいい家にしようと
考えているようなものですね。

で、ライフプランを見たら
いやいや、まず土地が軟弱なんで
土台を補強しましょう、床材に
お金を掛けすぎてはいけません。

みたいな話になることが多いんですね…。

その時点でみなさん
びっくりされることが多いですね。



この優先順位は鉄板ですので
絶対忘れないようにしてくださいね。


保険の見直しに関しては
こちらの記事一覧も参考にしてください。



お金の基本のキを学びたければ
僕のメルマガでも学べます。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。




ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 3,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP