珍しく生命保険についてコメントを書きました。(保険ROOMさん)

保険の知識を深める
「保険ROOM」というサイトに
FPとしてコメントさせて頂きました。

保険の見直しに関心のある方は
ぜひ一度ご覧ください。

保険に関する総合情報サイト「保険ROOM」


株式会社Wizleapが運営している
「保険ROOM」というサイトがあり
そこにはFPさんが監修した記事や
FPのコメント等も掲載されています。




なんで保険ROOMへコメントを掲載することになったのか…

事の発端は株式会社Wizleapさんから
お声を掛けられたからです。

僕自身、保険は契約者に必要なもの以外は不要
(まぁ、当たり前なんですが…)
という考えのFPですので保険に関する情報発信を
普段から積極的にしようとはあまり思っていません。

(どの商品がいいとか、悪いとか…。
それは保険会社がやることです。)


ただ、そういう視点のFPからの意見が
掲載されていても悪くはないのかなと思って
今回お引き受けしました。

こんなこと言っているのは僕だけかと思ってたら
同様なコメントをしているFPさんも結構いらっしゃって
ちょっと嬉しくなりました^^


保険ROOMの記事の中で、僕のコメントが
掲載されいている記事がありますので
いくつかご紹介させて頂きますね。


生命保険の加入経路「インターネットVS担当者


保険に興味を持ち、保険の情報収集をしたり
加入契約をしたいと思った時、
保険の担当者(保険FP)に相談するか
ネットで自分で契約を済ませるか
どちらがいいか結構悩みませんか?

僕はどちらかというとネット派なんですが
でもそれは「僕が」ってだけで
他の方がどうかというのは一概には言えません。

経済合理性をとるなら、金融の相談(アドバイス)と
金融商品の販売(セールス)は分けるのが理想です。

でも、そこまで理想的な状態に
なってないのが日本の状況であり
また契約者の考えもそこまで合理的かどうか
という点も考慮しないといけません。

お金を損することになったとしても
「あの保険営業さんが好きだから」
という場合もあるでしょう。

僕もそこまでは否定できませんからね…

他のFPさんがどう言っているのか?
こちらから確かめてみましょう。



生命保険は掛け捨て型?貯蓄型?FPがおすすめするのはどちら?


これもよく悩むんじゃないでしょうか。

生命保険が必要なのはわかったけど、
じゃぁ掛け捨てがいいのか?
貯蓄型にして戻ってくる方がお得なのか??

という感じですね。

これ、僕を含めて9人のFPが回答してるのですが
内5人が「定期型(掛け捨て型)」と言っているのが
僕にとっても意外でした。

(もっと貯蓄型を勧めるのかな?と思っていたので)


ですが、保険本来の機能(保障)を考えれば
貯蓄であるより、まずは定期型や収入保障型の
「生命保険」が第一選択肢になるはずなんです。

それに加えて老後の生活が心配、
(つまり、死亡しなかった場合の心配ですね)
ということでお金を残したいニーズは問題ないのですが
だからといって「貯蓄型保険」しか
選択肢が無いわけではありません。

普通に預貯金でもいいですし
iDeCoや(つみたて)NISA等の
非課税、税制優遇制度を活用した
資産形成だっていいでしょう。

当サイトでは、保険は掛け捨ての死亡保障で
資産形成はiDeCoやNISAで、
と常々言っています。


こちらも、他のFPさんがどのように考えているのか
参考になる面があろうかと思います。




20代から30代の共働き夫婦の妻にとっての保険の選び方


ちょっと変わった設問として
こんなのもありました。

これ、ちょっと違和感ありませんか?

「20代から30代の共働き夫婦にとっての保険の選び方」

なら分かるのですが、「妻」が入っていますので
じゃぁ夫と妻とで、保険に違いがあるのかどうか、
という難問です。

女性の社会進出がどんどん進んでいる中、
このような「性差」を意識するような設問は
どうなのかな?とも思うのですが

現時点において、現実問題として
共働きでも夫の収入が多く、
妻の収入が少ないというケースは
少なくないと思われます。

また、これも実態としてですが
妻の方が家事や子育てを
多く担っているというケースも
多いことでしょう。


ということで、そうした条件の妻の
生命保険はどのように考えるのか
という感じですね。

ただ、上の話を盛り込もうとすると
回答が爆発しそうだったので結局、
僕はあっさりとした回答になっていますが

いやー、さすがにGoogleフォームに
長文を書くのはキツイです…。(笑)


いろんなFPの回答を参考にしながら
どうあるべきかを考えるヒントにしてみてください。




保険へのFP回答まとめ


いかがでしたでしょうか。

普段、僕は資産運用のことを考えるのがメインですが
今回の回答で、保険のことについても
良い気づきがありました。


なお、インターネット上の回答やアドバイスは
あくまでも「常識的な想定」の元での「一般論」
が大半です。


実際には個別に考える必要があり
それを紐解いてくれるツールが
ライフプランだということは
忘れないようにしてくださいね。


以上、ご参考になれば幸いです!





ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧