NISAを贈与対策として活用するのは可能か?

416 閲覧

こんにちは。林FP事務所の林です。

ニーサというのは個人の節税対策に使える制度ですが贈与についてはNISA制度を活用することができるのでしょうか。

少し調べてみましたので興味のある人はご覧ください。




資産構築メルマガ


NISAを直接贈与対策として使うことはできない


最初に残念な結論からで申し訳ないのですがニーサを株式贈与による節税対策として使うことは事実上できないと考えて良さそうです。

というのも贈与者から見た時に例えば株式を直接贈与したいと考えましょうその時ぞう医者のニーサ口座にある株式を贈与したい場合は受贈者の取得価格が贈与時の株式の時価となります。

これがどういうことかは株式の贈与について少し知識がないと分かりにくいかもしれませんが要は贈与する時点でニーサ口座の株式が持つ評価損益については生産されてしまいます。

また贈与で受ける株式を NISA 口座に直接受け入れることもできません。


ジュニアNISAへの入金は贈与資金であること


NISAや ジュニア NISA 口座への株式贈与は特にメリットもデメリットもないことがわかりました。

一方でジュニアNISA口座への資金はほとんどの場合が親族等からのお金になるはずです。

であればこの入金が一体どんな目的かが本来問題とされるわけですが、ジュニアNISA口座への入金はそれが贈与であるということを証券会社等が確認するルールになっています。



贈与というのは贈与者と受贈者の契約であり、本来であれば贈与契約書などでしっかり契約すべきですが、ジュニアNISAはゼロ歳から始めることができるので、子の意思確認は現実的に困難な場合があるでしょう。

なので、証券会社が贈与資金であることを確認するルールにして、事実上贈与資金とみなしているのだと考えられます。


株式贈与(異名義移管)にはメリットがある


さて NISA は贈与には使えないにしても株式贈与という手段は検討に値します。

例えば一般贈与であれば暦年の基礎控除というのがあって年間110万円までの贈与が非課税とされています。

現金なら議論の余地がないですが、一口に110万円と言っても、株式の場合はどこを評価するかということで違ってくるわけです。株式を贈与する場合は特別なルールがあって場合によっては有利な贈与ができる制度になっているんですね。

株式を贈与する場合の評価額(株価)は

  • 贈与したの終値
  • 贈与したの終値の平均
  • 贈与した前月の終値の平均
  • 贈与した前々月の終値の平均

のいずれかから、最も低い株価を選択することができるからです。

例えば一旦大きく下がってまた値を戻した株式や、最近大きく値上がりしているような株式を原資として贈与したい場合、その株式を売却したお金を贈与するよりも、株式をそのまま贈与した方が贈与額が下がって有利になる場合がある、というわけです。

ただし注意点としては株式の評価損益もそのまま贈与されるということです。株式の取得価格は贈与者のものを受贈者が受け継ぐ、というのはこういう意味です。

株式に評価益が出ていればその評価益がそのまま受贈者(もらった人)の評価益となりますし、評価損が出ていれば受贈者の評価損となります。

受贈者が贈与された株式を売却した時に評価益が出ていれば、受贈者がその利益の税金を支払う必要があります。

あるいは贈与された株式に含み損があり、それを売却した場合、受贈者の方で普通に損益通算などもできますから贈与された株式に評価損があれば逆に節税のメリットももらえるわけですね。


株式贈与の方法


では実際に株式贈与する場合の手続きですが、これは証券会社に申請すればOKで、基本的には贈与者側(株式等を出庫する側)が、株式を所有している証券会社等へ手続きを行う形です。

手続きの詳細は各証券会社までお問い合わせを。コールセンターや取引支店などに連絡して、必要書類を送ってもらうのが一般的なようです。

(参考)

名義移管の手数料について確認しましたが、少なくともSBI証券については入出庫とも無料とのことでした。

他の証券会社等を利用される場合は、別途個別に確認してください。


まとめ「相続対策の話題の1つに」


株式贈与は、活用方法次第でいろいろ面白い事ができそうですが、こんなことを書いた背景は僕の親が1年ぐらい前から「お金をあげたい(贈与したい)」といい出したからです。

そんな資産家であるわけではないので、イチFPとしては「いやいや、自分の老後資金を心配しようよ…」とそちらが心配になってしまうわけで、いやそんなのはいらない、と1年ぐらいのらりくらりと先延ばしにしていたのですが、どうやら意思が固いようです。

それならば無理に断るのではなく、むしろ面白い贈与の方法を提案して、話題作りにした方がいいかなと思って調べてみた、というわけ。

退職された方で、株式投資をされている人も多いでしょうから、贈与の意思がある人には今回のネタを話題にしてみるのもいいと思います。

そこから話が発展して、自然と相続や終活の話題になれば、より円満な相続に向けた一歩になりますよね。


そういう活用のしかたも、考えてみてくださいね。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



プロフィール

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

資産構築メルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧