【期間限定】マイルで沖縄へ行けるか!?ハピタスからANAマイルへの交換手順まとめ。

今年の夏をどうしようかと思ってるんですが
ふとマイルで特典航空券をもらって
どこか国内旅行ぐらいは行けないかな?
と考えています。

ということで、ハピタスポイントを
マイルへ交換する手続きを
開始してみました。

実際に考えてみると、
わりと計画的な準備が必要なようです。

ということで自分が忘れないためにも
ハピタスからANAマイルへの交換手順を
まとめておきますね。


ポイント→ANAマイルの破壊力


PeXからメトロポイントへの交換が2018年3月31日で終了しますので以下の方法は期間限定です。ANAマイルを目的にポイントを貯めてた人はそれまでに交換を完了するか、以後は他の方法で交換することになります。



具体的なポイント交換の話に入る前に
ポイントの使い方としてANAマイルが
本当に妥当なのか?について
FPらしく少し考察したいと思います。

ポイントも第二の通貨と言われるぐらいですから、
その使いみちはなにもANAマイルだけではありません。

Amazonギフト券、楽天ポイントへの交換等はもとより、
現金、投資(楽天ポイント経由)、など、様々なものと
交換、活用できます。


じゃぁなんでマイルなのか?

それは場合によっては
かなり「効率がいい」からなんですね。

例えば伊丹空港から沖縄への往復を考えてみます。

ANAのサイトで検索したら、
このような運賃が掲載されていました。


格安の旅割を使う手もありますが
キャンセル料が怖いので
ここでは特割にするとします。

特割の最安値で片道20,200円ですので、
往復ざっと4万円とします。

ではこちらを御覧ください。

参考:ANA国内線特典航空券 シーズン・必要マイルチャート

往復の特典航空券に必要なマイルは、
同時期で12,000マイル。

以下で説明するとおり、ハピタスからANAマイルの
交換レートは90%ですから、ポイントとしては
約13,300ポイントが必要な計算です。

ということで、

1 - 13,300 ÷ 40,000 = 約67%

の実質割引が、マイル(ポイント)にはある、
ということですね。

もし普通運賃の往復7万円と比較したら、
なんと約80%割引にもなります。

最安値の旅割でもポイントにはかなわないので、
航空券を使うならマイル(ポイント)を使うのが
最もお得な方法の一つだと言えるわけです。

約7から8割引きだなんて、
ものすごい節約効果ですよね。


僕も日々お客様のライフプランに接していますが、
毎年家族旅行に行きたい!という方は結構多いです。

ならば、ポイントの活用も視野に入れないと、
ホントもったいないと思いますね。

上記はあくまでも例です。実際の価格、必要マイル数は時期や条件によって様々に変わりますので、必ずANAの公式サイトでチェックしてください。



ハピタスからANAマイルへのポイント交換手続き


では早速、具体的にハピタスポイントからANAマイルへの
交換手順をご説明していきます。

マイルを貯める全体像はこちらの記事にも書きました。

普段の生活でのんびり、ちゃっかりANAマイルを貯める「ミニマム」な方法まとめ



詳しくは上記の記事をご覧頂くということで、
改めてこちらの図を見てみましょう。

ANAマイルをのんびり貯める全体像


ハピタスまたはSBIポイントをPeXに移し、
そこからソラチカカード(ソラチカルート)経由で
ANAマイレージに交換できます。

個人的にSBIポイントはぼちぼちですが
ハピタスに8万ポイントぐらい貯まってましたので
そちらをメインでANAマイルに交換していくことにします。


もう一つ気をつけないといけないのが、
交換にかかる時間と一ヶ月の交換上限です。

PeXからメトロポイントへの交換に最大2ヶ月、
メトロポイントからANAマイルへの交換にも最大2ヶ月
かかることになっています。

二つ合わせると最大4ヶ月かかることになり、
最初にポイント交換を始めてから最大4ヶ月後に
ようやくANAマイルが使えるようになるわけです。

となると、例えば夏休みとか冬休みとか
特定の時期にマイルを使う予定なら
少なくともそこから4ヶ月前から
交換の計画を立てないといけません。

さらに、メトロポイントからANAマイルへの交換上限が
1ヶ月20,000ポイント(ANAマイル換算で18,000マイル)
となっています。

ですので、例えば特典航空券のために8万マイル必要とすると

4ヶ月後+20,000ポイント(通算18,000マイル)
5ヶ月後+20,000ポイント(通算36,000マイル)
6ヶ月後+20,000ポイント(通算54,000マイル)
7ヶ月後+20,000ポイント(通算72,000マイル)
8ヶ月後+20,000ポイント(通算90,000マイル)

と、8ヶ月後にようやく8万マイルを超えます。


ということで、夏休みの計画は
1月から必要だということですね。

(もちろん、もっとマイルが必要なら、
さらに前から交換を始める必要があります!)

ざっくり言えば

必要マイル数/18,000 + 3

ヶ月(小数点以下繰り上げ)前からとなります。


家族のマイルを合算して
この期間を短縮する方法もあるようですが
とりあえずここでは一人分のマイルを
交換していく場合としました。


ハピタスからPeXへ


まずはハピタスからPeXポイントへ交換します。

少し注意が必要なのは、ハピタスが1ポイント1円に対し
PeXポイントは1ポイント0.1円になってますので、
交換後の桁が一つ増えることです。


ではハピタスにログインし、「ポイント交換」メニューの
「PeXポイント」を開いて「交換申込み」をクリック。


交換先のPeX口座番号と、交換額を入力します。

300ポイント単位ですが、交換額はできれば
20,100ポイント以上を選択しましょう。

理由は、後ほど行う
メトロポイントからANAマイレージへの交換上限が
一ヶ月上限20,000ポイントだからです。

詳しくは後ほど。



PeX口座番号は、PeXにログイン後
マイページから確認できます。


申請後3営業日内に、
PeXポイントへの交換が完了します。


PeXからメトロポイントへ交換


PeXポイントへの交換が完了したら
次に、PeXからメトロポイントへ交換しましょう。

ANA To Me Card Pasmo JCB(通称ソラチカカード)がお手元にあれば、
PeXからメトロポイントへ交換できます。

PeXにログインして「交換先を見つける」から
「To Me CARD」を選択。


手数料は無料、1ヶ月最大PeX100万ポイント(10万円相当)
の交換が可能ですが、マイルへの交換が目的なら、
メトロポイントからANAへの交換上限が2万ポイントなので
PeX20万ポイントまでとします。



メトロ会員番号はANAマイレージクラブの
お客様番号と同じです↓



交換申請から完了まで最大2ヶ月かかるということですので、
完了まで気長に待ちましょう。


メトロポイントからANAマイルへ交換


では最後にメトロポイントからANAマイルへの交換手順です。

こちらのTo Me CARD公式サイト
メニューにある会員専用サイト画面を開きます。


開いたら、お客様番号(ANAマイレージクラブと共通)と
確認番号を入力してログインします。



最初にログインするときは、「確認番号って何?」
ってなると思いますが、カードが届いた時に同梱されてた
「トゥーミーカードご利用ガイド」にちゃんと記載されてました。
(気づくのに1時間ぐらいかかりました 笑)




ということで、初期状態では生年月日の「月日」
になってますのでそちらを入力してログイン。

初期状態だとバレやすいので、
パスワードはすぐに変更しておくことを
お勧めします。


ログインしたら右上に
交換可能なポイントがあることを確認して
「メトロポイント移行申請」をクリックします。



右側の「他のサービスへの移行」欄にある
「ANAマイレージクラブ」をクリック。



右下の移行メトロポイント数欄に
交換したいポイント数を100ポイント単位で
入力します。

1回最大20,000ポイントで
交換は月に1回までとなります。



あとは「入力内容を確認する」ボタンをクリックして
次の画面で「送信」すれば手続き完了です。


以上で「ソラチカルート」による
ポイント交換手続きが全て完了します。


お疲れ様でした!


ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイルへの交換タイミング


以上、

  • ハピタス→PeX(1ヶ月交換上限最大3万ポイント、交換完了まで最長3営業日。以下同様)

  • PeX→メトロポイント(最大PeX100万ポイント(10万円相当)、最長2ヶ月)

  • メトロポイント→ANAマイル(最大2万ポイント、最長2ヶ月)

の3つの手続きを経ることで
ハピタスのポイントをANAマイルへと
90%の高レートで交換できます。


これらの作業自体は、慣れれば簡単なので
特に問題無いと思いますが、面倒なのは
交換にかかる「1ヶ月上限」と「時間差」です。

まず1ヶ月上限ですが、上記3つの中で一番ネックになるのが
「メトロポイント→ANAマイル」の1ヶ月2万ポイント。
マイル換算すれば18,000マイルまでです。

冒頭の通り、18,000を超えるマイルが必要な場合は
2回以上の交換が必要です。


さらに面倒なのが、交換完了までの時間。
PeX→メトロポイントも、メトロポイント→ANAマイルも、
最長2ヶ月間かかります。

全ての交換が一通り完了してから、
次の交換…などとやっていたら、
いつまで経ってもマイルが増えません。

そこで、毎月定期的に交換作業をするのが
効率的です。

ネット上の情報ですが、例えばHeyMileLab.ブログの情報では
PeX→メトロポイントの交換スケジュールが
毎月15日シメの翌月11日交換完了だそうです。

これが正しければ、例えば


  • ハピタス→PeX 月初に21,000ポイント交換

  • PeX→メトロポイント 15日までに200,000ポイント交換

  • メトロポイント→ANAマイル 11日以降(2回目以降は15日以降)に20,000ポイント交換

(メトロポイント→ANAマイルのみ、翌月以降。連続して申請する場合は月の後半で。)

を毎月繰り返すことで、効率よく
ポイントをマイルへ交換できますね。

イメージとしては
月の前半にハピタス→PeX→メトロポイントの交換手続きを
月の後半にメトロポイント→ANAマイルの交換手続きを
それぞれ毎月行うという感じですね。


ということで僕もしばらく
このスケジュールで交換作業を
続けてみます。


マイルで沖縄!?ハピタスからANAマイルへの交換手順まとめ


ハピタスのポイントが貯まってきたので、
国内旅行(沖縄?)をもくろんでみました。

本当に行けるかどうかは
最後までやってみないと分かりませんが(笑)
実現すればかなりの節約になりますので、
これは嬉しいですよね。


また、続報します。


ハピタスなら普段使い+αで
ポイントを貯めやすいので
お勧めですよ。

これからSBI証券の口座開設を考えている方は
こちらのハピタス経由なら期間限定で
なんと4,000ポイントもらえるそうです。

期間限定ですので
今すぐチェックしましょう!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
PHPくらしラク〜る

PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧