資産運用の本当は怖い話。

資産運用と称して、
養老保険や終身保険を契約する人は
多いのではないでしょうか。

最近では、外貨建て保険が目立って多いですね。
円金利が下がったからと言って、
安直に契約していませんか?

まぁ、今日は外貨建ての問題は置いておいて、
養老保険のホントの問題点は
それを契約した時点である程度
安心してしまうことではないでしょうか。


保険では安心できない?


保険を契約したら、

「これだけの解約返戻金や満期金、年金があれば、老後は大丈夫だろう…」

と考えて契約する。

でもそんな甘い見通しが
あなたの人生をじわじわと
蝕んでしまうかもしれません。


例えば、保険の見直しをしてもらうために
ライフプランを作ってくれることはよくあります。

で、

「◯◯の外貨保険を30年持てば、
◯◯の額になる可能性が高いので
老後の資産形成に役立ちますよ」

と言われ契約する。

それでなんとなくうまくいく気がしているなら、
要注意ですね。

そのライフプランは、あなたの「個別の事情」を
どこまで織り込んでいますか?

まさか、収支検証すらされていないような
大雑把なものではないでしょうね…。


甘い見通しのライフプランは
何の意味もないどころか、
むしろ、害の方が大きいです。


それで実際は問題があると気づいたときには
随分と時間が経っていることになりますからね。

場合によっては時既に遅し
ということも考えられます。


これであなたの人生が狂ったら、
泣くに泣けないでしょう。


誤解のないようにいうと、
外貨建保険がいいとか悪いとか、
そういうことではないんです。

医療保険であれ、他の金融商品であれ
それだけでなんとなく安心してしまう
というのが一番怖い。


だって、一番大きな問題が隠されて
温存されているかもしれないでしょ。


金融商品ではあなたの問題が解決されない理由


ライフプランを改善するにはちゃんと順序があって、


  • 支出の改善
  • 収入増
  • 資産の運用、活用


この順番にインパクトが大きいんです。

順に説明していくと、
まず支出の改善が最も効きます。

これは僕も今まで何度も言っているので
さすがにもうご理解頂いていると思いたいのですが
重要な事なので何度でもいいます。

これは車で例えれば、重量を軽くするのと同じです。

軽くなれば、それだけ燃費も良くなり、
同じ燃料でより遠くまで走ることができます。

不必要な荷物はおろしてしまいましょう。


で、2番目に収入の増加があります。

当たり前なんですが、資産の運用益よりも
収入を少しでも増やす方がインパクトの大きい人が
多いんです。

もしあなたに資産が何億円もあるのであれば、
確かに運用利回りを少し上げることのインパクトは
大きいかもしれません。

でも、そうではないですよね。


ということは、大抵の人は金融資産よりも
人的資本の方がはるかに大きく、
それを最大限活用するのが先
という話になります。


ただこれは、支出の改善よりはインパクトが弱い。

なぜかと言うと、増収すると税金も増えるからです。

ですので収入で改善しようと思ったら、
改善目標「以上」に収入を増やす必要があります。

もう一つ厄介なのは、収入を増やすことが
自分の意志だけでは難しい場合があるからです。

支出の改善にももちろん限界はありますが
これは改善の意志さえあれば出来ますよね。



で、最後に(金融)資産の運用・活用がきます。


これ、最後なんですよ。


インパクトとしては一般的に
一番小さなものになります。


だから、これだけで人生の問題を解決しようとすることに
非常に大きな無理があるわけです。


ではなぜ資産運用が叫ばれているのか


ではなぜ、巷では資産運用が叫ばれているのか。

実際僕も資産運用(投資)を実践していますが
「併用する」のが大事だってことです。

まず支出の改善や収入増などの努力を当たり前にやって
その上で、資産運用も可能であれば併用すると
「長期的に」よりよくなるということです。

それでようやく、お金の問題が解決に向かいます。


ここは本当に大きく誤解されているところなんですが、
実際、支出の改善をすっ飛ばして資産運用しても
運用の効果は非常に小さいかほとんど無いです。


それはライフプランを見ればすぐに分かるんですが
支出の改善をしないと元本の増え方が小さいですからね。

運用というのはあくまでも「元本に対して」
期待利回りだけ増えていくのが前提です。

その元本がなければ、
運用もへったくれもないわけです。


そこを完全に無視してやっても
ほとんど意味がありませんし
逆にそれで安心してしまうと
将来余計な危機を招きかねません。


ですからまずちゃんとあなたのライフプランを
しっかりと直視すること。


これが第一歩です。


それで初めて、ライフプランから
様々な傾向や課題が見えてきますが
そうしたライフプランを作るには
甘えた考えは一切入れないこと。


これが大事です。


甘えた考えで立てた計画で
人生の大きな問題が解決できるなんて
考える方が矛盾してるでしょ。

だからこそ、今まで問題が温存され、
悪い意味で熟成されてきてしまっているわけで…。


ただこれ、僕もライフプラン作成の
依頼をもらってやっているのですが、
相当大変なのは確かです。(汗)


言葉で書くとなんでもないように聞こえますが、
毎回、相当な労力と神経を使います。


でもこれができなければ
本当に対処すべき課題が見えてこず
大きな問題点が隠されたまま
温存されることになってしまう。


だから、しんどいけどやっているわけです。



これが出来てないのにNISAだiDeCoだと言っても
全然意味がありませんので、
ホント注意してくださいね。


このような理由から、僕は
ちゃんとしたライフプランを作っていない人からの
資産運用相談を原則お断りしています。


そんなことしても、クライアントにとって
全然意味がないばかりか、
余計問題を大きくしてしまうことに
なりかねないからです。


金に目がくらんでる人は
金さえもらえば何でもやるのかもしれませんが
僕はたとえお金を頂いてもやりません。


それがクライアントに価値をもたらすFPとして
当たり前の事だと思うからです。


結局あなたは、自己満足のためだけに
資産運用をしたいのですか?

それとも、人生を改善したり、成功させるために
資産運用をしたいのですか?


一度真剣に考えてみてくださいね。


もっと詳しい話はこちらでやってます。


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

2,000名が衝撃を受けたその理由は…


コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

「節約しながら投資」は常識。管理人の鉄板節約法↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
.
管理人が使っている証券会社
. 
お米やお肉は…という方は↓
プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント