こんにちは。林FP事務所です。 最近、SNSで話題になっていた「妻の飯がマズくて離婚したい」という4コマ漫画をご存知でしょうか。 最近ついに完結したこのお話、ラストはハッピーエンドで本当に良かったのですが、途中の段階でSNSで話題沸騰となっていて、主に妻の料理に対する否定的な感想、夫の気持ちに同情するといった内容が多く見受けられました。 筆者はFPであると同時に毎日家族に食事を作っている立場です。…

こんにちは。林FP事務所です。 「日本は欧米諸国に比べお金に関する教育が遅れている」ということをよく耳にします。 実際、金融広報中央委員会による「金融リテラシー調査2019」によれば、18歳~79歳の対象者のうち、学校において金融教育を受けた認識があると回答した人は7.2%にとどまり、米国の同様の調査結果の21.0%より大きく下回っています。 参照:金融広報中央委員会「金融リテラシー調査2019」…

こんにちは。林FP事務所です。 下記のようなご質問がメルマガあてに届きました。そちらにお答えしつつ現役時代後半からのライフプランについて考えていきたいと思います。 ご質問内容 いただいたご質問はこちらです。 60代です。 借り入れ返済のため、マンション売却、わずかばかり残りました。収入低く、これから老後までにできることはありますでしょうか。 今も十分老後ですが、苦笑。 Y様 人生100年時代と言わ…

こんにちは、林FP事務所です。 前回の記事では、在職老齢年金の年金改正法での変更点を解説しましたが、年金改正法では、他に など、いずれも高齢化に伴い就労年齢が上がってくることへの対応が決定されています。 今回は、以前のこちらの記事でのもう一つの解説内容だった、年金受給年齢の拡大について改正法でどうかわったのか説明します。 年金の受給はいつからがベスト?いつまで働けば良い?制度見直し内容をチェックし…

こんにちは、林FP事務所です。 以前のこちらの記事で、在職老齢年金や年金受給開始年齢についての改正案について解説しました。 年金の受給はいつからがベスト?いつまで働けば良い?制度見直し内容をチェックしよう。 この内容が結局どう決まったかについて、今回は特に在職老齢年金の改正について説明します。また、この改正の背景のひとつとされている「女性の就労」についても考察しています。 まずは在職老齢年金につい…

こんにちは。林FP事務所です。 今回の新型コロナウイルス感染症の影響で予期せぬことが色々と起こり、生活のあり方や働き方、お金の動き、様々な面で変化が起きました。 特に住宅購入をされた、される方は、昨年の消費税増税時に拡充されたいくつかの制度について、コロナの影響がどう関係してくるのか不安になる場合もあるかと思います。それが現在どうなっているのかまとめてみました。 令和元年10月からの増税時に住宅の…

こんにちは。林FP事務所です。 教育費はいつ、どれくらいかかるのか? 住宅にはいくらかかるのか? 老後のために2000万円の貯蓄が必要ってほんと? このような悩みをお持ちの方も多いと思います。 これに対してみなさんに共通するたった一つの答えというのは存在しません。なぜなら、その方やご家族の構成や状況によって違いがありますし、今後どのような希望を持たれているかによっても答えは変わってくるからです。1…

こんにちは。林FP事務所です。 先月から、年金制度の見直しが議論され案が次々と発表されています。その内容は在職老齢年金制度の変更や老齢年金の繰り下げ受給時期の拡大です。いずれも、日本の高齢化に対応し、労働年齢の上昇を見込み、また推し進めていくための年金制度の変更計画であり、いよいよ「人生100年時代」の到来への準備が始まっていると実感します。 具体的に、「人生100年時代」を踏まえての年金制度の見…

こんにちは。林FP事務所です。 いよいよ消費税増税が迫ってきています。 その傍ら、同じタイミングで自動車の税制や住宅ローンの拡充等、制度変更が行われるものがあります。 今回はその中の一つ、「幼保無償化」について考えてみましょう。 幼保無償化(幼児教育・保育の無償化)とは? 幼保無償化とは、2019年10月から実施される国の施策で、幼稚園、認定こども園、保育園等の教育費、保育料が無償、または減額にな…

こんにちは。林FP事務所です。 メルマガ読者様よりコメントをいただきました。 社会人2年目のお子様が個人年金保険の解約を検討中とのことです。 ≪契約内容≫ 個人年金保険 60歳払い込み満了 保険料月20,000円 60歳まで 払込を満了すると保険料累計888万円 払われる年金が毎年約109万円(10年) 現時点で3年分72万円支払い済み 現在解約すると解約返戻金が約57万円で、15万円ほど支払総額…

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧