「がんの備えと言えばがん保険」 …というのは単なる思い込みに過ぎません。 もちろんがん保険も一つの方法ではあるものの、 それしかないということは決して無いですし、 むしろベストな方法は そもそもがんにならないことじゃないですかね。 「それができれば苦労はしないよ」 と言われそうですが(苦笑)、がんになりにくい体質を作ったり がんがひどくなる前に発見する方法等はありそうです。 今回は「がんを早期発見…

先日、お客様のライフプランの アフターフォローをさせて頂いているときに、 「こどもの保険について、どう見直せばいいか」 というご相談がありました。 ここでいう、こどもの保険というのは いわゆる学資保険や小泉氏が提言しているものではなく、 こどもの死亡保障や傷害保障、入院給付などが セットになった保険のことです。 よく、県民共済などにあるアレです。 掛金が月1,000円とか、2,000円ぐらいですの…

読者さんから、 「終身医療保険というのは必要なんでしょうか?悩んでいます。」 というご相談をいただきました。 同じようなお悩みをお持ちの方も、 多いと思います。 匿名で公開OKを頂いていますので、 僕の回答といっしょにシェアしますね。 終身医療保険というのは必要なんでしょうか?悩んでいます。 ちょうど最近保険の窓口へ無料相談に行って来たばかりです。 主人(46歳)が月4000円の県民共済にしか入っ…

今あなたは、保険代理店に来ています。 「今は確かに高額療養費制度がありますが、 将来、使えなくなる可能性だってありますよね? だからこそ、今、医療保険に入っておく必要があるんです!」 こう自信たっぷりに言われたら 「確かにそうかも…」と思いませんか? これ、大間違いですよ。 医療保険と高額療養費制度なんて、全く関係ありません。 医療保険の必要判断に、高額療養費制度は全く無関係で、 言葉は悪いですが…

保険の話題も扱っていますが、 たいてい、特に医療保険については 「(一般的には)やめときましょう」 というお話が大半です。 ですが先日、ふとWBSを見ていたたら 「健康になればなるほど安くなる医療保険」 が日本初ということで、紹介されていました。 一体どんなものなのか、 医療保険として、価値はあるのか? 調べてみました。 健康になれば保険料が下がる医療保険? WBSで紹介されていた医療保険はこちら…

日経に胸躍る記事が掲載されました。 10年以内、不治の病でなくなる 免疫を究めて新薬 まだ課題はあるようですが、 もしがんが普通に薬で治せるようになれば なんと素晴らしいことでしょうか。 しかし、喜んでばかりもいられません。 医療テクノロジーと保険の 不都合な現実について。

管理人が使っている証券会社
↓無料で口座開設できます↓.. 
プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント