毎年恒例(?)でやってます 最新のNISA制度の比較、まとめ記事。 2018年版はiDeCoとNISA、そして 新たに始まったつみたてNISAとの 比較とまとめをしたいと思います。 iDeCo、NISA、つみたてNISAの比較、違いについて 2017年から始まったiDeCoは NISA制度とは異なる制度で 管轄も厚労省となっていますが、 個人からしてみればいずれも資産形成のため メリットのある制度…

最近、NYダウが過去最高を更新したとか、 日経平均が20ン年ぶりの高値を更新したとか、 株に関してはずいぶん調子のいい話が多いですね。 もしあなたが株や投信を保有しているなら、 最近の株高で嬉しくなって毎日証券会社の口座を 眺めていませんか? でもそれって、危険な兆候かもしれませんよ。 つみたてNISAの投信が手元にとどきました! ちょっと横道にそれますが、 つみたてNISAの話をすこし。 前回の…

投資とライフプラン

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年は当ブログのアクセスも増加となり、 2017年後半は過去最高の月間16万アクセスを 達成いたしました。 これもひとえに読者様の応援の賜物、 感謝の念でいっぱいです。 ありがとうございます! 今年も役に立つ記事をどんどん配信していきますので 引き続き、林FP事務所をどうぞよろしくお願いいたします。 つみたてNISA始動。早…

2018年から始まるつみたてNISA。 僕はSBI証券で始める予定ですが、SBI証券は毎日積立てることも可能です。 SBI証券で、実際に積み立て設定をしてみました。 SBI証券でつみたてNISAを始める 基本の復習になりますが、つみたてNISAや一般NISAというのは、通常証券を売買するための特定口座や一般口座の「上」にある口座です。 ですので、例えばSBI証券でつみたてNISAを始めたい場合、つ…

NISA,つみたてNISA生みの親である金融庁が、 職員向けに「職場つみたてNISA」を導入すると 正式に発表しました。 金融庁内部のことで、ほとんどの人にとって 関係無いことのように思われるかもしれません。 ですが、この発表には実は大変大きな意味があると 僕は考えています。 金融庁による職場つみたてNISAの導入について いよいよ本気で「つみたてNISA」を普及させようという 意気込みを感じさせ…

今日は簡単に、ご紹介。 SBI証券がつみたてNISAに向けて(?) 新たな積立サービスを始めています。 実際に使えば結構便利だと思うので、 ご紹介しておきますね。 SBI証券の新しい積立サービス 2018年からつみたてNISAが始まるのに伴い、 各社切磋琢磨している状態ですが、 僕が利用しているSBI証券でも つみたてNISAを意識した 新しい積立サービスが始まりました。 今までは、毎月決まった日…

最近つみたてNISAの話題が多くなってきましたね。 その中で、金融庁がつみたてNISA用の 投信リストを発表しています。 つみたてNISA関係(金融庁) このページの中にある、 「つみたてNISA対象商品」が、 実際につみたてNISAで買い付け(積立) できる商品になります。 つみたてNISAに興味のある方は 一度、確認しておいてください。 いや、つみたてNISAに 「興味のない方」も見ておきまし…

金融庁が、来年2018年1月から始まる 「つみたてNISA」について 広く読まれることを目的とした ガイドブックを9月12日から配布しています。 ご紹介すると共に、そもそも積立投資って何? ってところも改めて復習しておきましょう。 つみたてNISAがよく分かる「公式」ガイドブック つみたてNISAの公式ガイドブックとも言える、 金融庁が配布しているPDFはこちらのページから 誰でも入手できます。 …

SBI証券が来年から始まる「つみたてNISA」の 予約受け付けを開始しました。 僕も早速手続きをしてみました。 つみたてNISAのおさらいや つみたてNISAにはどんなファンドがあるのか? 等も交えて、お伝えしていきます。 え、 アイキャッチ画像が変って? いや、ぱくたそで「NISA」を検索したら、 これが出てきたので…(笑) つみたてNISAとは(おさらい) つみたてNISAとは、来年2018年…

来年からはじまる「つみたてNISA」ですが、 もうしばらくしたら「つみたてNISA」の 受付も始まるかと思います。 来年から僕もつみたてNISAを始めるつもりですが、 それに先駆けて、iDeCoの内容を見直してみました。 どうでもいいことかもしれないですが、 なんで正式名称を「積立NISA」じゃなくて 「つみたてNISA」にしたんでしょうか… 投資家コストを避けるため、バランスファンドにスイッチン…

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧