SBI証券が来年から始まる「つみたてNISA」の 予約受け付けを開始しました。 僕も早速手続きをしてみました。 つみたてNISAのおさらいや つみたてNISAにはどんなファンドがあるのか? 等も交えて、お伝えしていきます。 え、 アイキャッチ画像が変って? いや、ぱくたそで「NISA」を検索したら、 これが出てきたので…(笑) つみたてNISAとは(おさらい) つみたてNISAとは、来年2018年…

来年からはじまる「つみたてNISA」ですが、 もうしばらくしたら「つみたてNISA」の 受付も始まるかと思います。 来年から僕もつみたてNISAを始めるつもりですが、 それに先駆けて、iDeCoの内容を見直してみました。 どうでもいいことかもしれないですが、 なんで正式名称を「積立NISA」じゃなくて 「つみたてNISA」にしたんでしょうか… 投資家コストを避けるため、バランスファンドにスイッチン…

9月に入り、平成30年度の税制改正要望が 財務省のページで公開されました。 どんな内容か、個人の生活に関係しそうな項目を 調べてみました。 平成30年度税制改正要望について 毎年財務省から、税制改正要望が公開されます。 平成30年度税制改正要望はこちらのページで 公開されています。 財務省の改正要望だけでなく、 各府省庁から上がってきた要望を 財務省がとりまとめて公開している、 という流れですね。…

つみたてNISAについて、補足を Q&A形式でまとめておきますね。 最近つみたてNISAの記事を連投していますが、 単に僕の頭がつみたてNISAについて ホットなだけです(笑) 実際のつみたてNISA制度が始まるのは2018年からですし、 口座開設(切り替え?)受付も今年の10月からだと 言われています。 まだ早いなと思われる場合は、 ブックマーク等しておいて、 今年の9月、10月ぐらいから まと…

ちょっと時間があきましたが 今年3月末に内閣府より告示されたつみたてNISAに適用可能な 投資商品(投信、ETF)の要件についてまとめておきます。 つみたてNISAで投資出来る投信・ETFの条件 本題に入る前につみたてNISAをかんたんにおさらいしておくと 来年から始まる新しい非課税制度で、 20年間の非課税期間がある代わりに、 買い付け上限額が年間40万円までとなっています。 トータルで見れば8…

2018年(平成30年)から始まるつみたてNISA(積立NISA)。 当ブログでも、読者に徐々に学んでもらおうと、つみたてNISAの記事を少しずつアップしています。 今回はつみたてNISAの8つのメリットとデメリット、+長期投資に関する考察です。 なお、つみたてNISAは以前から積立NISAとも表記されていましたが、NISA推進・連絡協議会では「つみたてNISA」に今後表記を統一していくそうです。…

投資というとなにかすごく難しいことで、 気合を入れてやらないといけないような、 そんなふうに考えている人も多いかもしれませんね。 でも、実際には全然そんなことはありません。 むしろ日々の小さな工夫や努力がもたらす 強力な威力を正しく理解し それをコツコツ実践するだけのことです。 1日たった300円の節約があなたの人生を変える あなたは毎日、いろんなところで 大小様々な金額のお金を使っていることと思…

平成29年度税制改正(財務省)が 公開されています。 パンフレットが分かりやすいのでそれを見て頂ければいいのですが 個人に関係ある部分だけピックアップしてみます。 平成29年度税制改正(財務省) 平成29年度税制改正(財務省)は大きく の5つに分かれていて、 この中で個人に最も関連があるのは 個人所得課税・資産課税になります。 ではもう少し中身を詳しく見ていきましょう。 配偶者控除・配偶者特別控除…

金融庁が、金融機関の「顧客本位」を定着させるため、 その本気度を計る資料を公開しています。 個人の投資家としても大切な視点がありますので、 少し一緒にみていきましょう。 フィデューシャリーって何? 以前から新聞やテレビで フィデューシャーリー・デューティーという 言葉をよく耳にしていると思います。 フィデューシャリーは直訳で「受託」、 デューティーは責任ですので さしずめ受託責任といったところでし…

税制改正大綱に積立NISAの要望が記され、 iDeCoも始まったことで 積立型の投資に関心が集まっているようです。 僕の相談業務の中でも NISAや積立NISAに関するご質問が 増えてきました。 今回は来年2018年から始まる予定の 積立NISAの内容と従来からあるNISAとを比較ながら、 その違いについてポイントをおさらいしておきます。 積立NISAの概要 来年2018年から始まる予定の積立NI…

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧