つみたてNISA始動。実際の積立て状況を確認してみました。

6,920 閲覧
投資とライフプラン

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は当ブログのアクセスも増加となり、
2017年後半は過去最高の月間16万アクセスを
達成いたしました。

これもひとえに読者様の応援の賜物、
感謝の念でいっぱいです。

ありがとうございます!

今年も役に立つ記事をどんどん配信していきますので
引き続き、林FP事務所をどうぞよろしくお願いいたします。


つみたてNISA始動。早速積立て状況を確認。


さて、今年一番の投資トピックと言えば
なんといっても「つみたてNISA」ですよね。

当ブログのアクセスも、今は
「つみたてNISA」キーワードが
大半を占めています。

まだ始まったばかりの制度で情報も少ないですが
僕は去年末から早速実践を開始しました。


SBI証券のつみたてNISAで毎日積立てたらどうなる?実際にやってみました。



昨年末に積立て設定を完了しましたが
年末年始を挟んでおり、実際の積立ては
1月4日以降となっていました。

ということで、年が明けて
正式につみたてNISAが始動しましたので
一体どうなっているか確認してみることに。


実はまだ積立てた投信を受け取っていません


SBI証券のつみたてNISA預かり証券を確認すると、


な感じになっていますが、つみたてNISAで積立て中の
「SMT世界経済インデックス・オープン(株式シフト型)」が
見当たりません。

でも、


と、つみたてNISAの投資可能枠は
満額の40万円から減っていますので
きちんと積立は開始されていることが分かります。
(2回積立て済)

初めて投資をする方はちょっと驚くかもしれませんが
これは、「発注→約定→受け渡し」
というステップに時間(日数)がかかるためで、
投信によってもその長さが異なります。

海外株式を含む投資の場合は
この期間が長くなる傾向があるので
口座に現れるまで気長に待つことにしましょう。


積立発注の通知がもらえる


それでも本当に積立てているか心配な方は、
メールで通知してくれるサービスがあります。

SBI証券の場合、こちらのような文面の
メールを送ってくれます。


設定方法は、SBI証券ログイン後に

「口座管理」
→「お客様情報 設定・変更」
→「Eメール通知サービス」

と進み、


「投信積立・外貨建MMF積立メール通知サービス」欄の
「変更」をクリックすれば設定画面が開きます。



毎日積立てだとあまり役に立たないかもしれませんが、
毎月積立て設定で、事前通知をONにしておくと
入金し忘れを予防できていいかもしれません。


自動引落設定をしておこう


手動で入金するのは面倒で、忘れがちになってしまうので、
できれば自動で銀行引き落としする設定にしておきましょう。

SBI証券にログイン後

「口座管理」
→「お客様情報 設定・変更」
→「お取引関連・口座情報」
→「銀行引落サービス」

と進んで申し込んでください。

(楽天銀行、ジャパンネット銀行の自動引落設定はできないので注意)


住信SBIネット銀行の口座と
ハイブリッド預金の設定をしているなら、
自動引落の設定をするまでもなく
積立時に引き落とされます。


つみたてNISAの改善してほしいところ


つみたてNISAが始まったばかりで恐縮なのですが、
何度も言うようですが大事なことなので書いておきますと、
「スイッチングが出来ない」というのはNISA系の大きなデメリットです。

(スイッチングとは保有投信を売却した資金で
新たな投信を買い付けることです)

もちろん、投信の回転売買のようなことは良くないですが
つみたてNISAは販売手数料無料(ノーロード)ですので
そもそも回転売買の販売側のインセンティブはありません。

ですので、そこは心配不要でしょう。

それでもスイッチングが必要なのは非課税枠内で

  • リバランスしたい
  • 同様の低コスト投信へスイッチングしたい

という理由があるからです。

長期積立て投資というなら
これらの作業は避けられません。

バランスファンドを使えばリバランス作業の大半は不要ですが、
それでもライフプランの見直し等によって
バランスファンドそのものをスイッチする必要も
いずれ出てくるでしょう。

そのたびに売却していては、
20年の非課税枠をフルに活用できませんから、
制度そのものの魅力が低下することに
なってしまいます。


いずれも大切な理由ですが、
特に低コスト投信へのスイッチは
投信業界の健全な競争環境のためにも
必要なことだと思います。


もちろんまだ始まったばかりですので
まだまだこれからの話だと思います。


国民全員の資産形成に役立つ制度ですから
長い目で、よりよい制度になっていくことを
期待しています。


つみたてNISAのまとめ記事も併せてお読みください。

【保存版】2018年から始まるつみたてNISA、8つのメリットとデメリット+1


ps.

努力や投資法とは無関係に、こんなに資産が変わることはご存知でしたか?

4,018名が衝撃を受けたその理由とは…



プロフィール

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

資産構築メルマガ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール
プロフィール画像


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は20年近く。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナー(CFP®)です。アラフォー(?)、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@subsubken)
Facebookページ
お問い合わせ
主な実績
FPジャーナル2018年9月号
2018年9月、日本FP協会の機関紙「FPジャーナル」(約20万部)の特集「長期x分散x積立投資を徹底検証」に林の記事が掲載されました。(→プロフィール



PHPくらしラク〜る
PHPくらしラク〜る2017年12月号・2018年1月号短期集中連載の監修をさせて頂きました。(→プロフィール



日経ヴェリタス2016-08-14

日経ヴェリタス2016年8月14日号「確定拠出年金 とことん活用術」にコメントが掲載されました。(→プロフィール



イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事

イオンカード会員誌mom 2015年12月号(30万部)に監修記事が掲載されました。



ブログが月間16万アクセスを超えました



メルマガ読者様が 4,000名 を超えました。



プロフィール詳細はこちら

お問い合わせ
Facebookで新着記事が分かります!
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント
寄稿者一覧