SBI証券(SBIベネフィットシステムズ)のiDeCo口座が 提供しているアクティブ投信について少し調べてみました。 パッシブが主流となりつつある昨今ですが、 中には注目の価値のあるアクティブ投信も あるはずです。 SBI証券iDeCo内のアクティブ投信は書いか? 以下、運用商品ラインナップ一覧(10月現在)から 気になるアクティブ投信をピックアップしてみます。 ひふみ年金 ひふみ投信でおなじみの…

2018年(平成30年)から始まるつみたてNISA(積立NISA)。 当ブログでも、読者に徐々に学んでもらおうと つみたてNISAの記事を少しずつアップしています。 今回はつみたてNISAの8つのメリットとデメリット、 +長期投資に関する考察です。 なお、つみたてNISAは以前から積立NISAとも表記されていましたが NISA推進・連絡協議会では「つみたてNISA」に今後表記を統一していくそうです…

税制改正大綱に積立NISAの要望が記され、 iDeCoも始まったことで 積立型の投資に関心が集まっているようです。 僕の相談業務の中でも NISAや積立NISAに関するご質問が 増えてきました。 今回は来年2018年から始まる予定の 積立NISAの内容と従来からあるNISAとを比較ながら、 その違いについてポイントをおさらいしておきます。 積立NISAの概要 来年2018年から始まる予定の積立NI…

英国の国民投票でEU離脱派が勝利したことで、 市場が大揺れに揺れていますね。 ただ、長期投資と一旦腹をすえて取り組み始めたら、 右往左往していてはダメです。 状況をじっくり見ながら、むしろ下値を待つぐらいの 野太さが必要でしょう。 (といっても、期待通りの下値は来ないと思いますが) こういうときは、少し長めの視点をもち、 ちょうど市場がさわがしいので、ちょっと投資について 考えてやるか、ぐらいの距…

2014年から始まった少額投資非課税制度のNISA。 このNISAへ今年新たに加わった仲間がジュニアNISAで 要はゼロ歳から20歳になるまでもNISAで投資できる体制が これで整いました。 僕も子どもの名義で未成年口座で積み立ててたのを (本当に少額ですが…。) ジュニアNISAに移行させたいと思い、 今回チャレンジしてみました。

2016年が始まり、早くも1月後半となってきました。 ぼやぼやしていると置いて行かれそうですが(汗) 2016年度のNISA・ジュニアNISA最新制度について まとめてみました。 新しい制度に興味のある方、 NISAやジュニアNISAをどう活用したらいいか お考えの方は参考にしてください。

忙しくて師も走る、と言われる12月まで あと1週間を切りました。 今年も残り1ヶ月を目前に、 来年に向けたNISAの情報収集をされている方が 急増しているようです。 (当ブログのNISA関連アクセスも、ここにきて増加しています) 当ブログではNISAについて記事を蓄積してきましたが、 情報をお探しの方のために「2015年版NISAまとめ」を 作成しました。 これを読めば、あなたも5分でNISA通!…

長期投資向けファンドとETFの比較(その1) 長期投資向けファンドとETFの比較(その2) に書いたように毎月積立ならファンドが利便性で有利なんですが、 バリュー平均法は自分でそのつど売り買いするので ETFも断然、選択肢に入ってくるはずです。 ETFへの投資を前提に、もう少し深堀りしてみました。

2014年から株式譲渡益への課税10%の優遇措置が無くなり、 元の20%課税に戻されます。 本来の課税割合に戻ったといえばそれだけなんですが、 優遇措置期間が長かったせいか、 20%となると課税額が大きくなったように感じます。 証券会社は当然のことながら、「貯蓄から投資へ」の掛け声 (長い間掛け続けている声だけど…苦笑) の政府にとっても、これは逆風となります。 そこで課税優遇措置が無くなる代わり…

各証券会社、銀行はNISAをあてこんで顧客を獲得しようと、キャンペーン競争を繰り広げています。しかもNISAは当初4年間で証券会社または銀行のいずれか一つでしか口座開設できませんので、銀行、証券間の競争もヒートアップしています。 このページではNISAのキャンペーン情報をまとめて比較してみます。

管理人が使っている証券会社
↓無料で口座開設できます↓.. 
プロフィール


こんにちは、林FP事務所代表の林健太郎です。ブログご訪問ありがとうございます。

工学博士(阪大)、個人投資家。投資歴は10年以上。金融機関に属さず、保険・証券の販売に一切関与しない、完全独立のファイナンシャルプランナーです。アラフォー、2児の父。

今後、日本では好むと好まざるとにかかわらず、どんどん自己責任が問われていくようになるでしょう。自助努力で資産形成していくこと、そしてその方法を中立な立場で伝えていくことが大切だと考え、独立して活動しています。

子どもにも安心して教えられる資産運用法を中心にお伝えしていますが、まだまだ「投資=難しい&ギャンブル」「投資=売買でドキドキ&忙しい」と誤解している方も多く、長期投資の考えを広めていけたらと思っています。

プロフィール詳細はこちら
Twitter(@kabuco_h)
Facebookページ
お問い合わせ
実績
Facebookページ
「いいね」がもらえると嬉しいです!
人気記事 月間TOP
最近のコメント